再生数7000万回、米国発3DCGアニメ「RWBY」 前野智昭、井上喜久子ら参戦 | アニメ!アニメ!

再生数7000万回、米国発3DCGアニメ「RWBY」 前野智昭、井上喜久子ら参戦

ニュース

北米のCGスタジオRooster Teeth Productionsが企画・制作しYouTube上で公開したオリジナル3DCGアニメ「RWBY」シリーズ。再生数が7000万回を超えるなど、世界規模で話題を呼んだ。
本作が日本語吹き替え版となって、Blu-rayとDVDで発売される。第1シーズンにあたる『RWBY Volume1』が12月9日にリリースされるが、この追加キャストが発表された。

これまでわかっていた13キャラクターに加え、Sun Wukong(サン・ウーコン)役に前野智昭さん、Mysterious Narrator(ナレーション)役に井上喜久子さん、Cinder Fall(シンダー・フォール)役に甲斐田裕子さんが出演する。早見沙織さん、日笠陽子さん、嶋村侑さん、小清水亜美さんら4人がメインキャラクターを務めるなど、声優面でも注目されていた本作だが、より一層豪華さに目を惹かれるかたちとなった。

「RWBY」シリーズは、世界的な大ヒットに加えて、日本のアニメやゲームからの影響も指摘されてる。そんな作品がいよいよ日本で本格的に紹介されるとあり、サブカル界隈でも大きな注目を集めている。
Blu-rayとDVDが12月9日に発売されるだけでなく、11月14日(土)に国内6劇場での先行イベント上映も実施される。会場では劇場限定版Blu-rayも発売される。
また映像ソフトに収録されるのは、1080i High Definition、音声には5.1chと2chの英語および日本語吹き替えとなる。さらにスタッフコメンタリーが収録され。
日本語および英語の字幕も表示可能だ。BD&DVDの初回限定盤特典につく2枚組の「Original Soundtrack Score CD」の仕様も見逃せない。ブックレットも付属する。ウェブ配信とはまた異なる楽しみ方も可能だ。

さらにRooster Teethが描きおろしたオリジナルイラストアウターケースに加え、デジパック仕様となる。イラストは『ラブライブ!』のキャラクターデザインなどで知られる西田亜沙子さん描きおろす。日米のクリエイターの共演も楽しい試みとなった。

『RWBY』
(c) Rooster Teeth Productions, LLC
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集