「劇場版 弱虫ペダル」舞台挨拶に箱根学園、熊本台一のキャストが集結  | アニメ!アニメ!

「劇場版 弱虫ペダル」舞台挨拶に箱根学園、熊本台一のキャストが集結 

イベント・レポート

「劇場版 弱虫ペダル」舞台挨拶に箱根学園、熊本台一のキャストが集結 
  • 「劇場版 弱虫ペダル」舞台挨拶に箱根学園、熊本台一のキャストが集結 
  • 「劇場版 弱虫ペダル」舞台挨拶に箱根学園、熊本台一のキャストが集結 
  • 「劇場版 弱虫ペダル」舞台挨拶に箱根学園、熊本台一のキャストが集結 
8月28日より公開がスタートした『劇場版 弱虫ペダル』。公開から1週間以上が経過した現在でも勢いはとどまるところを知らない。
そんな本作の公開記念舞台挨拶が、9月6日(日)に台場シネマメディアージュにて行なわれた。ステージには主人公チーム総北高校のライバルであるチーム箱根学園キャストの代永翼、前野智昭、吉野裕行、柿原徹也、日野聡、阿部淳、そしてチーム熊本台一高校キャストの宮野真守、田尻浩章の8名が登壇した。
豪華声優陣の出演に、会場は大興奮。登壇者一同が、劇場公開された喜びを交えつつ挨拶をすると会場内からは大きな歓声とともに盛大な拍手が巻き起こった。

トークセッションでは、映画の感想を聞かれた代永が、プライベートで主人公の小野田坂道役の山下大輝と観に行ったエピソードを披露。そのときは、山下さんが隣で泣いていて、そして代永さんもつられて泣いてしまったという。
また、今作で初めて「弱虫ペダル」に参加した心境を訊ねられた宮野は「このお話を頂いてから原作を読んだのですが、絆が深い作品だと思いました。アフレコ現場も各チームの絆が感じられて、すごくいい雰囲気でした」と話す。収録の際には、チームメイトの田浦良昭役で熊本出身の田尻から熊本弁を教えてもらいながら、演技をしたとのこと。

続いて、柿原がアフレコを振り返って「僕が演じる東堂は3年生。引退する先輩として、後輩に何かを残せるように演じる事を心がけました。特に、僕の演じる東堂にとって特別な後輩である真波を、包み込んであげられる様な演技を目指していました」と出演するにあたっての想いを明かし、本編同様に息の合ったチームワークに会場は大いに盛り上がった。

トークが盛り上がる中、「弱虫ペダル」のWebラジオ番組の名物コーナーも実施された。ロードバイク初心者のアニメキャストにオススメロードバイクを紹介する「チャリネットハコガク」番外編だ。
シリーズ初参加の宮野にロードバイクの楽しさを知ってもらおうと用意されたのは、映画本編で宮野演じる吉本進が乗っているロードバイクのモデルでもある「CERVERO」のバイクだった。魂を込めて演じたキャラと同じモデルのロードバイクを目の前に、キャスト陣からロードバイクの魅力を十二分に伝えられた宮野さんが買うかどうかの決断を迫らると「買いますん!」と宣言。
「どっち!?」とつっこみが飛ぶなか、「凄くかっこ良くて本当に欲しいけど、ちょっと考えさせてください。」と、即購入には至らなかったものの宮野さんの前向きな反応に他のキャスト陣は、満足した様子だった。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集