松任谷由実 「リトルプリンス 星の王子さまと私」で初の洋画主題歌 新たな予告を公開 | アニメ!アニメ!

松任谷由実 「リトルプリンス 星の王子さまと私」で初の洋画主題歌 新たな予告を公開

ニュース

児童文学『星の王子さま』をアニメーション化した映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』が2015年11月21日に全国公開を迎える。このたび本作の主題歌を松任谷由実さんが担当することが明らかとなった。数々の映画主題歌を担当してきた松任谷さんだが、洋画主題歌は今回初となる。

松任谷由実さんが本作のために書き下ろした楽曲タイトルは「気づかず過ぎた初恋」。松任谷さんは曲をつくるにあたって、監督のマーク・オズボーン氏と対談したり、原作者サン=テグジュペリの生まれ故郷であるフランス・リヨンを訪問したという。現地の雰囲気を味わうことで、楽曲のイメージを膨らませたそうだ。

また今回のオファーについて松任谷さんは「スタジオジブリの『魔女の宅急便』、そして近年『風立ちぬ』でも曲を使っていただいたのですが、空を飛ぶテーマの映画のときにはご用命いただけるかなと思っています(笑)」とコメントした。


合わせて主題歌入りの新予告編が公開となった。映像は、主人公の女の子が母親から壁一面に貼られた“良き大人”になるためのスケジュール表を見せられるシーンからはじまる。そして勉強だけだった女の子が元飛行士のおじいさんとの交流を経て、“星の王子さま”の物語に触れていく。
予告編の後半からは、松任谷さんによる主題歌「気づかず過ぎた初恋」が流れる。松任谷さんの優しい歌声が、飛行機に乗り冒険へと旅立つ女の子の心情に寄り添い映像を盛り上げる。大空を飛び回りながら「こんな場所、お話に出てこなかった」と驚きを隠せない女の子。果たして彼女は星の王子さまに出会うことができるのだろうか……映画への期待が高まる内容だ。

『リトルプリンス 星の王子さまと私』は詩的で美しい原作小説の魅力はそのままに、少女が星の王子さまを探して冒険するエンターテイメント作品となっている。11月21日より2D&3Dで全国ロードショーだ。

『リトルプリンス 星の王子さまと私』
11月21日(土)2D/3D全国ロードショー
(C)2015 LPPTV -LITTLE PRINCESS - ON ENT - ORANGE STUDIO - M6 FILMS - LUCKY RED
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集