セルシス「CLIP STUDIO PAINT EX」にアニメ制作搭載、動画・原画サポート機能を無料アップデイト | アニメ!アニメ!

セルシス「CLIP STUDIO PAINT EX」にアニメ制作搭載、動画・原画サポート機能を無料アップデイト

ニュース

 
  •  
  •  
  •  
イラストやマンガ制作でお馴染みの「CLIP STUDIO EX」が、この秋に大きく変わる。開発・販売元のセルシスは、10月末より「CLIP STUDIO PAINT EX」に新たに2Dアニメ制作機能を加えること発表した。
新機能は無料ダウンロードすることで利用可能になる。この機能を使うことで2Dアニメの制作ができ、クリエイティブの範囲も一気に広がる。

セルシスはアニメ業界では「RETAS」でお馴染みだ。多くの制作会社に利用されている制作ソフト「RETAS」は、特に彩色の作業で圧倒的なシェアを誇っている。1991年から、長年デジタルアニメ制作を支えてきた。
「CLIP STUDIO PAINT EX」ではそのノウハウを生かす。これまでデジタル化が遅れていた作画支援を強化したアニメ制作ソフトを目指す。

新しい機能のなかでも大きな特徴は、ライトテーブルや指パラといった原画や動画といった作画支援である。アナログでは紙をめくって動きを確認する動作が、キーボードで簡単にできるようになる。さらに“オニオンスキン機能”を用いることで前後のセルを半透明で表示することができ、作画をする際に活用できる。
またavi、mov形式でムービー読み込み機能も搭載される。ムービーを見ながら、作画の参考にすることも可能だ。さらにその動画にイラストを描き加え、新たな動画を生み出すこともできる。

RETASシリーズとの連携はもちろんのこと、他の映像編集ソフトを併用することで、商用アニメなどのプロユースでも利用可能になる。
さらに10月末にアップロードが予定されている「CLIP STUDIO ACTION」を併用すると、演出にこだわることができる。カメラワークの演出や、BGM、効果音の追加などが可能だ。「PAINT EX」のユーザー向けに、「ACTION」を期間限定で、無料で使用できるキャンペーンを予定している。

プロの使うソフトのノウハウを生かしたとあって、かなり本格的な機能となる。中割りなど、今まであまりデジタルで行われなかった作業もできるとあって、注目を集めるだろう。8月18日からはベータテストを開始、応募条件を満たした参加者を募集している。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集