「長門有希ちゃんの消失」原画集 サテライトが各話から選りすぐりのカット | アニメ!アニメ!

「長門有希ちゃんの消失」原画集 サテライトが各話から選りすぐりのカット

2015年4月から7月に放送された『長門有希ちゃんの消失』の原画集刊行が決定した。「『長門有希ちゃんの消失』アニメーションワークス」は上巻が10月30日、下巻が11月27日にリリースされる。

ニュース
2015年4月から7月に放送された『長門有希ちゃんの消失』の原画集が刊行される。「『長門有希ちゃんの消失』アニメーションワークス」として上巻が10月30日、下巻が11月27日にリリースとなる。
刊行にあたっては、アニメーション制作を担当したサテライトが自ら編集している。スタジオならではの原画集である。

原画集は各話数から選りすぐりのカットを集めており、上巻は第1話から第8話、下巻は第9話から第16話までを特集した。原画だけでなくスタッフコメントや場面写真、絵コンテなども掲載し、一目で制作の流れが感じられるように構成されている。作品がどのようにして出来上がっていくのか体感できるファン垂涎の完全保存版となった。
上巻の表紙はヒロインの長門有希が登場。『涼宮ハルヒの憂鬱』とはまた違った表情を浮かべる彼女が印象的だ。下巻では涼宮ハルヒ、朝倉涼子、キョンなどのメインキャラクターが集結。こちらは賑やかな内容に仕上がっている。
全国書店やアニメイト、サテライト★アニメストアなどでは予約受注がスタート。上巻は9月23日、下巻は10月13日までとなる。上下巻ともにB5サイズの112ページを予定しており、価格は各2400円(税込)となる。

『長門有希ちゃんの消失』は『涼宮ハルヒの憂鬱』の公式パロディマンガ『涼宮ハルヒちゃんの消失』のスピンオフ作品が原作。長門有希は普通の女子高生という設定になっており、文芸部員のキョンに秘めた想いを抱く内気な少女として描かれている。
アニメーション制作は『マクロスF』『モーレツ宇宙海賊』のサテライトが担当。キャラクターデザイン・総作画監督は伊藤郁子さんが務めた。
[高橋克則]

「『長門有希ちゃんの消失』アニメーションワークス」
発売日: 上巻・10月30日、下巻・11月27日
価格: 各2400円(税込)
仕様: 各B5サイズ/112ページ(予定)
発行: 株式会社サテライト
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集