「牙狼 -紅蓮ノ月-」TVアニメ第2弾明らかに キャラクターデザインは桂正和 | アニメ!アニメ!

「牙狼 -紅蓮ノ月-」TVアニメ第2弾明らかに キャラクターデザインは桂正和

ニュース

幅広いメディア展開を行う『牙狼<GARO>』のテレビアニメ新シリーズの製作が明らかになった。第2弾となるテレビアニメのタイトルは『牙狼 -紅蓮ノ月-』、ティザービジュアルが発表され、公式サイトでは特別映像が公開された。

『牙狼<GARO>』は実写でも、2015年11月に劇場版『媚空』の公開が迫っている。特撮ドラマ、劇場作品、舞台、スピンオフと、10周年を迎えた2015年も大きく盛り上がっている。
テレビアニメでは第1弾『牙狼 -炎の刻印-』が2014年10月から全24話が放送され話題を呼んだ。新たなシリーズで再び盛り上がりそうだ。

『牙狼 -紅蓮ノ月-』の公開されたティザービジュアルでは、時代背景が現代ではないことが伺える。シルエットだけのビジュアルでは、まだ詳細は謎に包まれているようだ。
メインスタッフとして、実写シリーズでも総監督である雨宮慶太さんが監督を務める。そしてキャラクターデザインにはマンガ『ZETMAN』の作者、『TIGER&BUNNY』でキャラクター絵原案を手がけた桂正和さんが担当する。
アニメーション制作は、映像クオリティの高さに話題となった『神撃のバハムート GENESIS』や2015年6月から放送している『うしおととら』を手がけるMAPPAとなった。前作に引き続き東北新社が企画を進める。
公式サイトもオープンし、サイト上ではティザー映像も公開した。メインキャラクターの1人である雷吼(ライコウ)にフィーチャーした特別映像となっている。

さらに、8月14日から16日まで東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット88」では、企業ブースでオリジナルノベルティを配布する。ノベルティは東北新社ブースを撮影した画像をTwitterでツイート、その画面をスタッフに見せるともらうことができる。

新シリーズに豪華スタッフということで、注目を集めそうだ。さらなる詳細が気になるファンも多いだろう。続報に注目したい。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集