「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」キャストと岸本斉史が登壇 KANA-BOONの生演奏も | アニメ!アニメ!

「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」キャストと岸本斉史が登壇 KANA-BOONの生演奏も

イベント・レポート

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
8月7日より公開される劇場版『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』の完成披露試写会が、7月29日、都内イイノホールで開催された。
壇上には三瓶由布子さん(うずまきボルト役)、菊池こころさん(うちはサラダ役)、竹内順子さん(うずまきナルト役)、杉山紀彰さん(うちはサスケ役)、小野賢章さん(奈良シカダイ役)、浪川大輔さん(モモシキ役)が登壇。また、ゲストとして原作の岸本斉史先生も登場した。

今作で製作総指揮を務めた岸本先生は、「今日(7月28日)は息子の誕生日ですが、ここに来ています。息子はちょうどボルトと同じ年頃で、そして映画の中でもまさにこれと同じことが起きています。私生活をさらけ出したような映画です。また、映画の出来について「完璧です」と自信をみせた。一方で、作品の続きが気になるというキャストに「もう休ませてください(笑)」とコメントした。

この日のさらなるゲストとしてKANA-BOONも登場。子どもの頃から『NARUTO』のファンであるというメンバーが主題歌「ダイバー」を、スペシャル映像「受け継がれる道」を背に披露してくれた。生演奏・生歌声で客席を圧巻し、演奏終了後には客席には感動で涙するファンも。NARUTOを支持するファンの熱い気持ちも垣間見える完成披露試写会となった。

特別上映されたスペシャル映像「受け継がれる道」はウェブでも公開されている。『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』や原作の名シーンのほかファンのコメントとともに作品を振り返ることができる。

原作の『NARUTO -ナルト-』は2014年に15年の連載に幕を下ろし、「NARUTO新時代開幕プロジェクト」がスタート。『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』、「ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-」の公演など幅広いメディアでさまざまなプロジェクトが展開されている。『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』はその集大成となる劇場アニメ。長らくのファンも、これから身始める人も楽しめる作品となっている。
8月の日本公開だけでなく、9月以降はシンガポール、フィリピン、北米、イギリス、マレーシア、ブルネイなど海外でも公開される予定だ。

『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』
8月7日より全国公開
《川俣綾加》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集