映画「テラフォーマーズ」オールスターキャスト発表 伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬… | アニメ!アニメ!

映画「テラフォーマーズ」オールスターキャスト発表 伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬…

ニュース

 
  •  
出演者が全て主役級、映画『テラフォーマーズ』の驚愕キャストが7月25日に発表された。すでに主演・小町小吉役の伊藤英明が話題を呼んでいた本作だが、新たに明かされたキャストはいずれも大物ばかりという驚きの布陣となっている。
まずはヒロイン・秋田奈々緒役である。『るろうに剣心』の神谷薫役の清々しい演技で映画ファンの心を捕えた武井咲が起用された。特殊メイクが楽しみという武井咲がどのように本作で変わるのか注目だ。
また小栗旬が、物語の発端である火星地球化〈テラフォーミング〉計画の発案者の本多晃役を演じる。三池監督が小栗を念頭にしたという配役である。

そして、火星に向かう乗務員たち。武藤仁役に山下智久、癖のあるキャラクター蛭間一郎役に山田孝之が決まった。ゴッド・リー役にケイン・コスギ、森木明日香役に菊地凛子、堂島啓介役に加藤雅也、大張美奈悪に小池栄子、大迫空衣役に篠田麻里子、手塚俊治役に滝藤賢一、連城マリア役に太田莉菜を配する。
原作のファンであれば気づく人も多いと思われるが、今回の映画『テラフォーマーズ』は、原作では火星に向かうのが多国籍チームであるのに対して、日本人中心のチームに置き換えられている。森木明日香はヴィクトリア・ウッド、堂島啓介はドナテロ・K・デイヴス、大張美奈は張明明、大迫空衣はジャイナ・エイゼンシュテイン、手塚俊治はテジャス・ヴィジ、連城マリアはマリア・ビレンに基づいている。これによりリアリティのある映像が実現するに違いない。さらにもうひとり、福島リラが演じる榊原がいる。こちらは映画のオリジナルキャラクターになる。
また豪華キャストについて小岩井宏悦プロデューサーは「ただ豪華なだけでなく、個性的なキャラクターに相応しくキャストのバリエーションも大事にした。」とする。三池監督が、本作でどんな物語、仕掛けを用意するのか、この役者陣をみればさらに期待は高まる。

『テラフォーマーズ』は、2011年に発表、その後「ミラクルジャンプ」(集英社)で貴家悠が連載を開始したマンガが原作だ。壮大な物語、驚愕の設定、かつてない世界観でたちまち圧倒的な人気を博した。13巻まで発売されている単行本は累計発行部数1200万部を超えている。
物語は人類の火星移住化計画、火星を人間が住める状態にするために実施したテラフォーミングの過程で火星に持ち込んだゴキブリが異常進化したことから始まる。彼らテラフォーマーズとの戦いの歴史が世代を超えて描かれる。映画では、ことの発端となったバグズ2号編をベースに描かれる。

ビッグな原作に、超豪華なキャスト陣、当然撮影にも力がはいる。2559年の火星の風景を実現するために、このキャストでアイスランドロケを決行した。
本編で重要な役割を果たす宇宙船のセットの製作には約1億円を投入。宇宙服は約100パーツから構成され、衣装合わせは10回以上も繰り替えしたという。
メガホンを執るのは、日本を代表する映画監督でもある三池崇史である。その監督にして「受けるのに勇気のいる作品。台本を読んだだけでは画が想像できない程、非日常のエンタテイメントに挑戦している。俳優もこの映画が一体どうなるのか、自分がどういう風にこの映画に映るのか、わからなかったと思う。だからこそ挑戦したいと、“俳優の本能”でそう思って参加してくれたと思う。豪華で最強の俳優陣が揃った」と話すほどだ。
そして「自分も原作の大ファン。映画を見た原作者の方に、幸せな気持ちになってもらうことが大きなモチベーションになっている。」と語る。
映画公開は、2016年のゴールデンウィーク。2016年の日本を席巻する大作が登場する。

『テラフォーマーズ』
2016年 GW公開
監督:三池崇史

伊藤英明/小町小吉 
武井咲 / 秋田奈々緒
山下智久 / 武藤仁 based-on ティン
山田孝之 / 蛭間一郎
小栗旬 / 本多晃
ケイン・コスギ / ゴッド・リー
菊地凛子 / 森木明日香 based-onヴィクトリア・ウッド
加藤雅也 / 堂島啓介based-on ドナテロ・K・デイヴス
小池栄子 / 大張美奈 based-on 張明明
篠田麻里子 / 大迫空衣 based-on ジャイナ・エイゼンシュテイン
滝藤賢一 / 手塚俊治 based-on テジャス・ヴィジ
太田莉菜 / 連城マリアbased-on マリア・ビレン
福島リラ / 榊原 ※オリジナルキャラクター

原作「テラフォーマーズ」作:貴家悠/画:橘賢一(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
配給:ワーナー・ブラザース映画 

次ページにキャストコメント
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集