アニマックスのトムス50周年記念番組 衛星放送協会オリジナル番組アワード大賞受賞 | アニメ!アニメ!

アニマックスのトムス50周年記念番組 衛星放送協会オリジナル番組アワード大賞受賞

ニュース

一般社団法人衛星放送協会は、7月22日に第5回衛星放送協会オリジナル番組アワードの受賞作品を発表した。オリジナル番組で最も優れた作品として、2014年8月にアニマックスで放送された「TMSアニメ50年のDNA」が大賞を受賞した。また本作はアニメ番組部門も受賞し、ダブル受賞となった。
衛星放送協会オリジナル番組アワードは多チャンネル時代のオリジナル番組の促進を目的に、2011年より設けられている。特に今回は初めて試みとして、大賞を設置した。各局から番組賞部門に合計102番組、編成企画賞23企画と合計125の応募があった。「TMSアニメ50年のDNA」はこの中から初の大賞に輝いた。

今回受賞したアニマックスは国内最大規模のアニメ専門チャンネルである。ファミリー・キッズ向けからコアファン向けまで様々な作品を放送する。オリジナル番組もそのひとつで、シーズンごとの企画番組はとりわけ人気が高い。
「TMSアニメ50年のDNA」では、国内有数の歴史を持つアニメ制作会社トムス・エンタテインメントの亜アニメ制作事業50年の歴史と作品を振り返った。特集は26時間ものたっぷりとした内容で、50年前の貴重な資料や数々のインタビューを交えながら多角的に取り組んだ。

衛星放送協会は今回の受賞について、アニメは現代日本の文化・表現の歴史のなかで重要な位置を占めながら、その歴史やその中での苦労、工夫、飛躍のきっかけは知られていなかったとする。本作は入念な制作で、日本アニメの歴史、時代の気分、技法を解き明したと評価する。
さらに、幻の名作の放送なども含めて専門チャンネルならではの役割も受賞に相応しいとしている。アワードがアニメ業界にスポットを当てたことは、アニメ業界にとってもうれしいニュースではないだろうか。

[/アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.bizより転載記事
《アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.biz》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集