TK from凛として時雨、「ニンジャスレイヤー」第15弾ED担当アーティストに | アニメ!アニメ!

TK from凛として時雨、「ニンジャスレイヤー」第15弾ED担当アーティストに

ニュース

7月19日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン~シネマ・サンダーボルト~」が開催された。Twitter発の小説をアニメ化した話題作『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』の劇場イベントだ。
ここでサプライズな発表が行われた。第15話のエンディングテーマをTK from 凛として時雨 が担当するというものだ。楽曲のタイトルは「Fantastic Magic」。2014年に発表されたTKの2枚目のソロアルバム「Fantastic Magic」からの楽曲となる。

『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』は、ニンジャスレイヤーとニンジャ達の戦いを描く小説だ。ニンジャの抗争で妻子を殺されたフジキド・ケンジは、ニンジャソウルが憑依したことでニンジャスレイヤーとして生まれ変わる。
当初はTwitterで作品を発表、その後単行本となり、さらにアニメ化につながった。アニメーション制作を担当したのは『キルラキル』などでエッジの効いた映像を発表し続けるTRIGGERである。破天荒な原作に、常ならぬ映像は、期待以上と評判になり、第1話の再生回数はニコニコ動画だけで160万回を超える。

音楽へのこだわりも、本作ならではのものだ。エンディングはこれまで配信されたエピソードで全て異なる楽曲としている。メインテーマの「BACK IN BLACK」を担当したBOOM BOOM SATELLITESを筆頭に、Boris、Melt-Bananaなど音楽ファンのツボを突くアーティストの名前が連なる。その第15弾として、TK from 凛として時雨に白羽の矢が立った。
TKは、人気バンドの凛として時雨のボーカル、ギターとして活躍。さらにバンドの作曲、作詞、エンジニアも担当するなどマルチな才能を発揮する。ソロ名義での活動も活発で、ジャンルにとらわれない創作が特徴になっている。常識に捉われないアニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』との組み合わせは、まさにぴったりと言っていいだろう。

TK from 凛として時雨
http://tkofficial.jp

『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』
http://www.ninjaslayer-animation.com

『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』
(C) Ninj@ Entertainment/Ninj@ Conspiracy
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集