「ちびまる子ちゃん」23年ぶりの映画化が決定 12月23日公開 | アニメ!アニメ!

「ちびまる子ちゃん」23年ぶりの映画化が決定 12月23日公開

ニュース

2015年にテレビアニメ25周年を迎えた『ちびまる子ちゃん』の映画化が決定した。タイトルは『映画ちびまる子ちゃん』となり、12月23日に全国公開される。原作者・さくらももこさん自ら脚本を担当した新作映画に要注目だ。

『映画ちびまる子ちゃん』は1992年公開の『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』以来、実に23年ぶりの劇場版である。脚本はこれまでの劇場版と同様に、さくらももこさん自身が担当。まる子が清水市を飛び出して、作品史上初めて大阪・京都へ旅行に出かけることになる。
さくらももこさんは今回の映画化とテレビアニメ25周年について「皆様の温かい御声援に支えられ、ちびまる子ちゃんはアニメ25周年を迎えました。感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントを発表した。そして「心を込めて映画の脚本を書きました。笑いあり、涙あり、切なさありの25年目のちびまる子ちゃんを楽しんでいただけたら嬉しいです」とファンに向けて想いを伝えた。
監督はテレビアニメや『さくらももこ劇場 コジコジ』などを手がけてきた高木淳さんが担当。制作は日本アニメーションが行う。

『ちびまる子ちゃん』は1990年に放送スタート。テレビアニメ視聴率歴代1位の39.9%の記録を持ち、現在もアニメとしては『サザエさん』に次ぐ第2位の高視聴率番組となっている。放送回数は1100回を超え、原作の累計発行部数は3200万部を数える国民的作品だ。
『映画ちびまる子ちゃん』は、まる子の町に世界5カ国から子どもたちがやってくる所から物語が始まる。まる子の家にはイタリアから来た男の子が滞在することになり、「ボクは、マルコが、スキです」と突然の告白を受ける場面も。さらにクラスメイトと一緒に清水の町を飛び出して、大阪や京都に旅行へ出かけていく……。時代と国を超えた友情のストーリーに期待したい。
[高橋克則]

『映画ちびまる子ちゃん』
2015年12月23日(水・祝)公開
http://chibimaru-movie.com/

[スタッフ]
原作・脚本: さくらももこ
監督: 高木淳
アニメーション制作: 日本アニメーション
配給: 東宝
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集