「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」国内オープニング興収7億9千万円、1位スタート | アニメ!アニメ!

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」国内オープニング興収7億9千万円、1位スタート

ニュース

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は、全世界での記録的なヒットが話題を呼んでいる。すでに全世界46ヶ国で興行成績第1位を記録し、全世界興行収入では『アナと雪の女王』『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』を超え13億8,349万ドル(約1,660億円)に到達している。(7月5日時点)
7月4日からは、日本でも全国公開がスタートしたが、こちらも記録的なスタートを切った。
公開最初の週末で興行収入は7億9千万円を記録、2015年オープニング興行収入でこれまで公開した作品のトップに躍り出た。また同期間の観客動員は505,521人にのぼった。配給側では最終的な興収入は70億円を超えを視野に入れるとしている。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は、世界中の都市を襲う人類滅亡の脅威「ウルトロン計画」を前に、最強チーム“アベンジャーズ”が再び結集するアクション映画だ。スーパーヒーローチームのアベンジャーズの活躍を描く。

ヒットの秘密は、幅広い年代からの人気だ。熱狂的なファンから親子連れ、カップルの来場が目立ち、小学生から中高年層まで幅広い客層から支持をされている。20代の女性同士の来場も多いという。
字幕版には20代から30代の男女と50代以上の年輩層が多く、吹替え版はファミリーが中心のだという。夕方以降はカップルも多い。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
7月4日(土)ロードショー
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集