練馬区、平成27年度のアニメ制作関連事業者を対象に事業所の開設支援 | アニメ!アニメ!

練馬区、平成27年度のアニメ制作関連事業者を対象に事業所の開設支援

ニュース

練馬区は区内に事業開設・移転するアニメ制作関連企業者の公募を開始した。対象企業には、補助金を交付し事業を支援する。練馬区は「アニメーション」の文化・発展に取り組んでいる街で、この制度は平成23年度よりアニメ産業の集積をさらに強化するために設けられ、2015年も引き続き支援を続ける。

今回の募集は、平成28年3月までに練馬区内に新たに事業所を開設するアニメ制作関連事業者が対象となる。アニメ制作事業者のみならず、関連する映像・コンテンツ関係事業者も対象だ。さらに本年度は起業を予定している事業者まで対象を拡げる。

補助の内容は、練馬区への移転費用は初年度のみ限度額50万円であることや、設備工事・関連機器購入の場合は初年度のみ限度額50万円で費用の2分の1を補助するなど。他にも、起業予定事業者には限度額20万円で費用の2分の1を補助することが挙げられる。
これにより新たに区内に立地した事業者と、既存の区内事業者との間での受発注の促進させ、より区内アニメ産業全体の活性化を図る。

募集事業者数は、移転・増設対象企業が1社程度、起業予定事業者が1社程度だ。応募申し込みの締め切りは平成27年7月7日、審査書類提出の締め切りは同月21日となっている。

練馬区は日本のアニメ文化発展に大きく貢献している街だ。日本初の劇場用長編アニメ『白蛇伝』や日本初の連続TVアニメ『鉄腕アトム』など数々の名作がこの街で誕生した。東映アニメーションを筆頭にアニメ産業に関わる会社が数多く集まっており、区内には90社を超える関連企業が存在する。今回の補助金制度によって、さらなるアニメ関連企業を誘致を図る。

練馬区「練馬区内に事業所を開設するアニメ制作関連事業者の募集について」
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/sangyo/oshirase/anime_hojo.html
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集