監督に片渕須直を起用、「mishmash*プロジェクト」第3弾MV 音楽と映像のアートワーク | アニメ!アニメ!

監督に片渕須直を起用、「mishmash*プロジェクト」第3弾MV 音楽と映像のアートワーク

Corneliusの美島豊明のソロプロジェクト「mishmash*プロジェクト」が注目を集めている。企画第3弾でオリジナルアニメを片渕須直監督が担当することになった。

ニュース
「mishmash*プロジェクト」第3弾
  • 「mishmash*プロジェクト」第3弾
  • 「mishmash*プロジェクト」第3弾
  • 「mishmash*プロジェクト」
Cornelius(コーネリアス)のサウンドプログラマを担当する美島豊明のソロプロジェクト「mishmash*プロジェクト」が注目を集めている。美島とトータルプロデュースを務めるマスヤマコムの二人が、プロジェクト毎にフィーチャリング・アーティストを迎えるプロジェクトを進行中だ。
第1弾は「mishmash*Julie Watai」、写真の世界で活躍するアーティストJulie Wataiとのコラボレーションを行った。そして第2弾では、ニューヨークのマーサ・グラハム・ダンスカンパニーでプリンシパルとして活躍するMiki Oriharaを迎えた。いずれもその感度の高さが話題となった。その第3弾が始動していることがこのほど明らかにされた。

第3弾でフィーチャされるアーティストはまだ発表されていないが、先行してミュージックビデオのオリジナルアニメを担当するクリエイターが決定している。片渕須直監督である。
片渕監督は『魔女の宅急便』で演出補を務めた後、長編アニメ『アリーテ姫』、テレビアニメ『BLACK LAGOON』などを監督した。その実力には定評がある。
2009年の『マイマイ新子と千年の魔法』では、口コミで作品が広がり、ファンアとのコミュニケーションを密にした活動が注目を集めた。現在はクラウドファンディングで3600万円を集めた『この世界の片隅に』に取り組んでいる。作品の高い評価と、ファンの熱度の高い監督として注目を集めている。
今回のオリジナルアニメにあたっては、海外を思わせる場所に佇む少女のイラストが公開されている。ここからどんな映像と物語が生まれるのか、またどんなアーティストが参加するのか、気になるところである。

「mishmash*プロジェクト」はこれまでも、いずれも楽曲に加えて、ミュージックビデオとアートワークにトップクリエイターが参加することで話題となってきた。アニメーションの世界でお馴染みの名前も連ねている。
第1弾では広島国際アニメーションフェスティバル、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門などで次々に受賞を重ねる水尻自子、編みぐるみによるアニメーションのkerokerokingらが参加する。その映像のクオリティの高さは群を抜いている。kerokerokingによる編みぐるみによるアニメーションもある。
多才な映像作家のなかに加わる片渕須直監督の、オリジナルアニメが注目だ。

Mishmash
http://mishmashjp.com/ja/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集