Mr. Childrenが細田守監督最新作を歌う 『バケモノの子』主題歌に「Starting Over」 | アニメ!アニメ!

Mr. Childrenが細田守監督最新作を歌う 『バケモノの子』主題歌に「Starting Over」

ニュース

(C)2015 B.B.F.P
  • (C)2015 B.B.F.P
  • Mr. Childrenが細田守監督最新作を歌う 『バケモノの子』主題歌に「Starting Over」
  • Mr. Childrenが細田守監督最新作を歌う 『バケモノの子』主題歌に「Starting Over」
7月11日より、細田守監督の『バケモノの子』が全国公開される。2006年の『時をかける少女』、2009年の『サマーウォーズ』、2012年の『おおかみこどもの雨と雪』と、次々と魅力的な世界を届ける細田守監督の最新作だ。
その主題歌を国内を代表するアーティストのMr. Childrenが歌うことになった。Mr. Childrenのニューアルバム「REFLECTION」に収録される「Starting Over」が起用された。その音楽は新たに公開された予告編でも流れており、聴くことが可能だ。

主題課を決めるにあたり、映画制作陣はまずMr. Childrenに曲を依頼した。その打合せを重ねる中で細田守監督が「Starting Over」を聴いた際に感銘を受けた。この歌詞、そして楽曲が『バケモノの子』の世界観を表現しているという。これが今回の主題歌決定につながった。
すでに映画を観たというMr. Childrenの桜井和寿は映画を絶賛、晴らしい作品に関われたことを喜ぶコメントも発表している。映画の作り手と音楽の作り手が一体になったかたちだ。一流スタッフに、個性溢れるキャスト陣で話題をよぶ本作に、さらに大きな魅力が加わった。



細田守監督の3年ぶりの長編劇場アニメとなった『バケモノの子』は、バケモノと少年の出会い、そこから始まる奇妙な師弟関係を描いている。東京の渋谷、そこに並行するバケモノたちの棲む異世界「渋天街」を舞台にアクションと親子の絆、さらにラブロマンスも取り混ぜたエンタテイメントになる。
映画公開まで一ヵ月あまり、多くの人の期待を背負った『バケモノの子』の公開が近づいている。

■ Mr. Children桜井和寿 コメント
「凄い映画を観てしまった。
1人の父親として、それから試行錯誤を繰り返す作家のハシクレとして、込み上げてくる感情に胸が苦しくなった。
この素晴らしい作品に、微力でも携われることに大きな誇りを感じています。」

■ 監督 細田守 コメント
「Mr.Childrenさんと映画『バケモノの子』がコラボレーションできることを、大変光栄に思います。
映画『バケモノの子』は、ひとりぼっちの少年の成長譚であり、主題歌「Starting Over」は、少年が思春期の戸惑いを打ち破る、戦いの唄です。
タイトルの「新たな出発」という意味を噛み締めて、どうぞ聴いてみてください。」

『バケモノの子』
7月11日(土)より全国ロードショー
http://www.bakemono-no-ko.jp/

[キャスト]
役所広司 宮崎あおい 染谷将太 広瀬すず 大泉洋 リリー・フランキー 津川雅彦
[スタッフ]
監督・脚本・原作: 細田守 
作画監督: 山下高明 西田達三 
美術監督: 大森崇 高松洋平 西川洋一
音楽: 高木正勝

『バケモノの子』
(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース