「押井守映画祭2015」第四夜はカルト編 「立喰師列伝」「アサルトガールズ」シリーズが集結 | アニメ!アニメ!

「押井守映画祭2015」第四夜はカルト編 「立喰師列伝」「アサルトガールズ」シリーズが集結

新文芸坐×アニメスタイルセレクション「押井守映画祭2015」の第四夜「カルト編」の開催日が6月20日に決定した。『立喰師列伝』『アサルトガールズ』の二作を筆頭に、実写短編を一挙上映する空前絶後のオールナイトである。

ニュース
新文芸坐×アニメスタイルセレクション「押井守映画祭2015」の第四夜「カルト編」の開催日が6月20日に決定した。『立喰師列伝』『アサルトガールズ』の二作を筆頭に、実写短編を一挙上映する空前絶後のオールナイトである。

「押井守映画祭2015」第四夜「カルト編」は押井守監督のライフワーク「立喰師列伝」シリーズと、甲冑映画という異色コンセプトの「アサルトガール」シリーズをラインナップ。『立喰師列伝』と『アサルトガールズ』の長編二作品に加え、『女立喰師列伝 ケツネコロッケのお銀 -パレスチナ死闘篇-』、『真・女立喰師列伝/金魚姫 鼈甲飴の有理』、『真・女立喰師列伝/ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子』、『斬~KILL~/ASSAULT GIRL 2』と各シリーズの短編が一堂に会する。
そしてもう一作、スタジオジブリの鈴木敏夫さんが自称映画プロデューサー役として友情出演したガンアクション『KILLERS/.50 Woman』もラインナップ。上映作品の中にはオムニバス作品の一部も含まれており、「押井守映画祭2015」の中でもとりわけマニアックな企画となった。

恒例のトークショーは押井守監督、『真・女立喰師列伝』や『アサルトガールズ』に出演した女優の佐伯日菜子さん、アニメ雑誌「アニメスタイル」編集長の小黒祐一郎さん、プランナー・ライターの桑島龍一さんが登壇。今回は押井監督の女優論や演出術に迫った内容を予定している。
前売券は5月30日から新文芸坐とチケットぴあにて販売開始予定。価格は前売・友の会が2800円、一般が3000円(全て税込)となる。なお、この第四夜をもって「押井守映画祭2015」は一旦の最終回を迎える。次回開催は「押井守映画祭2016」を予定している。
[高橋克則]

新文芸坐
http://www.shin-bungeiza.com/

新文芸坐×アニメスタイルセレクションVol.69
押井守映画祭2015 第三夜「カルト編」
日時: 2015年6月20日(土)開場22:00/開演22:15(終演予定4:50)
会場: 新文芸坐
料金: 一般3000円/前売・友の会2800円
ゲスト: 押井守、佐伯日菜子、小黒祐一郎、桑島龍一
上映作品
『立喰師列伝』(2006年/104分/35mm)
『KILLERS/.50 Woman』(2002年/18分)
『女立喰師列伝 ケツネコロッケのお銀 -パレスチナ死闘篇-』(2006年/23分)
『真・女立喰師列伝/金魚姫 鼈甲飴の有理』(2007年/15分)
『真・女立喰師列伝/ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子』(2007年/8分)
『斬~KILL~/ASSAULT GIRL 2』(2008年/11分)
『アサルトガールズ』(2010年/70分/35mm)
※『立喰師列伝』『アサルトガールズ』は35mmフィルム、他の作品はDVD上映。
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集