力強く勇壮な吹奏楽でポケモン、FFVなどを演奏 「4star2015」BRASS EXCEED TOKYO公演 | アニメ!アニメ!

力強く勇壮な吹奏楽でポケモン、FFVなどを演奏 「4star2015」BRASS EXCEED TOKYO公演

イベント・レポート

(左から)吉田純也氏、コンサートマスター 福井健太氏、ピアノソリスト 安田結衣子氏、指揮者 津堅直弘氏、景山将太氏、一之瀬剛氏(C)Yutaka NAKAMURA
  • (左から)吉田純也氏、コンサートマスター 福井健太氏、ピアノソリスト 安田結衣子氏、指揮者 津堅直弘氏、景山将太氏、一之瀬剛氏(C)Yutaka NAKAMURA
  • (左から)吉田純也氏、景山将太氏、一之瀬剛氏(C)Yutaka NAKAMURA
  • (C)Yutaka NAKAMURA
  • 物販コーナーで笑顔を見せる、景山氏と一之瀬氏(C)Yutaka NAKAMURA
  • 景山氏と一之瀬氏のサイン会も開催されました!(C)Yutaka NAKAMURA
2015年5月3~5日の3日間、4年に1度のゲーム音楽フェス『4starオーケストラ2015』が東京都八王子市で開催されました。本稿では、5月5日に八王子市芸術文化会館 いちょうホールで行われた、「BRASS EXCEED TOKYO in 4star2015」公演の模様をお届けします。
「BRASS EXCEED TOKYO」は、関東近郊で活躍する演奏家を中心に結成された吹奏楽団です。交響組曲『ファイナルファンタジーV』、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』、『風のクロノア』、『クロノ・クロス』といったゲーム音楽が、津堅直弘氏の指揮のもと、吹奏楽の力強い響きで演奏されました。

■ 出演者(敬称略)
一之瀬剛、景山将太(ゲストMC)、津堅直弘(指揮)、BRASS EXCEED TOKYO(吹奏楽演奏)、コーラス・オブ・エクシード、ピコピコーラス(合唱)、吉田純也(MC)

一部にまず演奏されたのは『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』より、「タイトルデモ ~ホウエン地方の旅立ち~」「タイトルデモ2」「タイトル ~メインテーマ~」です。元気あふれる、勇壮で力強い演奏が響きます。続いての「戦闘! 野生ポケモン」「戦闘! ジムリーダー」は、アップテンポで疾走感のある、金管の勇ましい音色をメインにした演奏でした。
次に演奏されたのは、同作のフィールドメドレーです。「ミシロタウン」「カイナシティ」「ハルカ」「120番道路」「海の科学博物館」「ルネシティ」の6曲が演奏されます。木管のやさしい音色、力強い金管の音色、さまざまな表情が楽しめました。演奏途中にはサックス奏者の方が起立してのソロ演奏が披露されたのですが、演奏を終えた後に、観客から拍手が贈られたのがとても温かかったです。

ここで司会の吉田純也氏に招かれ、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』の作曲を手掛けた一之瀬剛氏と景山将太氏が登場します。吉田氏から「ここまでの演奏はいかがですか?」と問われた一之瀬氏は、「超感動しました! 12年前に僕がゲームボーイアドバンスでオリジナル版の音楽を作っていた時には、まさかこういう生演奏で聴ける日が来るとは思っていませんでしたから」と嬉しそうな表情で話します。景山氏も、「僕もすごく感動しました。すごく大人っぽくなってて、気品があって。やっぱり生演奏って素晴らしいなと思います」と喜びを見せます。

また、吉田氏から作曲時のエピソードを尋ねられた一之瀬氏は、「『ポケモン』はもともとゲームボーイから始まりましたけど、ゲームボーイは3音とノイズ1音しか使えなかったんですよね。でもゲームボーイアドバンスになって、PSGというゲームボーイの音のほかに、PCMというちょっとだけリアルな音を5音混ぜられるようになったんです。その環境でいかに『ポケモン』らしくするかというところが難しかったですね」と語ります。また、「当時は、ゲームの中でよく鳴ればいいと思っていたので、生演奏になることなんて全く考えていなかったんです。今回編曲を担当していただいた渡辺将也さんからも難しい!って言われて(笑)。苦労されたと思いますけど、本当に素敵な編曲にしていただいて、嬉しく思っています」と話しました。

また、次に演奏される「天翔ける幻」「天翔ける夢」について景山氏は次のように語ります。
「この楽曲はオリジナル版の『ルビー・サファイア』には入っていなくて、『オメガルビー・アルファサファイア』のために書き下ろした新曲です。ポケモンに乗って大空を飛びたい!と誰しもが思っていた夢がついにこの作品で叶ったわけなんですけど、僕自身、開発中に初めてそれを見た時にすごく興奮したんですよ。その時の気持ちを素直に音楽にしました」(景山氏)

そして披露された「天翔ける幻」の演奏は、木管をメインにしたゆったり雄大な演奏が響きます。続いて「天翔ける夢」はアップテンポな金管が高らかに鳴り響き、まさにポケモンに乗って元気良く空を飛んでいる様子が目に浮かぶような疾走感が素晴らしい演奏でした。

[/INSIDE より転載記事]

《hide/永芳英敬@INSIDE/www.inside-games.jp》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集