映画でも「これでいいのだ」 『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』完成披露舞台挨拶レポ | アニメ!アニメ!

映画でも「これでいいのだ」 『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』完成披露舞台挨拶レポ

5月14日、東京・新宿バルト9で『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』の完成披露舞台挨拶が行われた。

イベント・レポート
映画でも「これでいいのだ」 『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』完成披露舞台挨拶レポ
  • 映画でも「これでいいのだ」 『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』完成披露舞台挨拶レポ
  • 映画でも「これでいいのだ」 『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』完成披露舞台挨拶レポ
  • 映画でも「これでいいのだ」 『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』完成披露舞台挨拶レポ
  • 映画でも「これでいいのだ」 『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』完成披露舞台挨拶レポ
  • 映画でも「これでいいのだ」 『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』完成披露舞台挨拶レポ
5月14日、東京・新宿バルト9で『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』の完成披露舞台挨拶が行われた。
本作は、生誕80周年を迎えた赤塚不二夫が生み出した漫画「天才バカボン」と、シリーズの放送から40周年を迎えた「世界名作劇場」の記念すべき第1作目『フランダースの犬』がコラボレーションした、驚きの作品だ。

今回の舞台挨拶には、監督であり、バカボンのパパ役として出演するFROGMANさん、ネロ役・瀧本美織さん、バカボン役・犬山イヌコさん、レレレのおじさん役・上島竜兵さん、ダンテ役・村井國夫さんが登壇した。
まずFROGMANさんが話したのは「なぜバカボンとフランダースの犬を組み合わせたのか」という、誰もが抱く疑問についてだ。
FROGMANさんは監督として、「ただの長尺アニメにしてはつまらない」と考えたうえで、原作者・赤塚不二夫ならどんなことをやるかを想像していったという。
そして、とにかく破天荒なことをしようと思い、企画段階ではハリウッドに『エイリアン』や『プレデター』とのコラボレーションを打診したことも明かしていた。

出演者もこの突飛な作品の話を聞いた時は驚いたそうだ。瀧本さんは「『フランダースの犬』は自分の中できれいなものとして終わっていたけど、こんな形で復活するなんて…。FROGMANさんにしかできないことだと思います」と、監督の切り口を絶賛。
また村井さんは、最初にオファーを受けた時「誰だこんな企画を考えたのは!?」と、率直な感想を抱いたそうだ。

一体どんな作品に仕上がっているのか興味は尽きないが、「意外と良いシーンもある」と話したのは犬山さんだ。犬山さんは冗談交じりに「デートにも最適です」とアピールし、会場に駆けつけた観客の笑いを誘っていた。
そしてお笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の一員として活躍する上島さんは「僕達の世代はみんな『天才バカボン』とドリフターズをリスペクトしているんです」と作品への愛を語った。
しかし、上島さんのセリフはほとんどなく、「実働2分」だったとのこと。そのことを村井さんにからかわれ、会場が盛り上がる一幕もあった。

今回の登壇者はキャスト陣だけでなく、主題歌「パパの子守唄」を歌うクレイジーケンバンドの横山剣さんも登場した。
FROGMANさんから直々に依頼を受け書き下ろしたという今回の楽曲。FROGMANさん自身も「最近ずっと口ずさんでいる」と話すなど、そのクオリティには納得の様子だ。
横山さんは映画の感想を聞かれると、「この曲を聞いて映画は完成する」とアピール。楽曲が流れるエンドロールも見どころのひとつと話していたので、本編だけでなく、最後までしっかりと見ておきたいところだ。

舞台挨拶のラストでは、FROGMANさんが本作の発表直後に父親を亡くしていたことを明かした。FROGMANさんは7人兄妹の末っ子で、「7人も子供を持つ、今の時代にしてみたらバカな親父でした」と語る。
しかし「僕のことを大人になるまで育ててくれました。バカな親父で、本当に良かったと思っています。今回の映画は、そんな親父に捧げる作品です」と話した。

『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』は5月23日より全国公開。公開初日には、新宿バルト9と横浜ブルク13にて初日舞台挨拶も開催される。

映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』
5月23日(土)より、新宿バルト9他全国ロードショー
http://bakavon.com
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集