「神撃のバハムート GENESIS」、設定資料集とサウンドトラックを相次ぎ発売 | アニメ!アニメ!

「神撃のバハムート GENESIS」、設定資料集とサウンドトラックを相次ぎ発売

『神撃のバハムート GENESIS』の設定資料集「神撃のバハムート GENESIS アートワークス」とCD「神撃のバハムート GENESIS オリジナル・サウンドトラック」が相次いでリリースされた。

ニュース
2014年10月から12月まで放送され、アニメファンの間で大きな話題を呼んだテレビアニメシリーズ『神撃のバハムート GENESIS』の関連商品が相次いで発売になった。4月28日には設定資料集「神撃のバハムート GENESIS アートワークス」が、29日にはCD「神撃のバハムート GENESIS オリジナル・サウンドトラック」がリリースされた。
作品のクオリティの高さで注目されただけに、いずれの商品もより深く作品を知る手掛かりになるのは間違いないだろう。2014年の話題作を今一度振り返るチャンスである。

『神撃のバハムート GENESIS』は、ゲーム企画・開発・運営のCygamesを代表するソーシャルゲーム『神撃のバハムート』を原作としている。ロングランに続くゲームを、アニメとして解釈、そしてその世界観から壮大な物語を作りだしたのがアニメスタジオのMAPPAである。
MAPPAのもとにアニメ界を代表するスタッフが集結し、圧倒的な映像が実現した。監督は『TIGER & BUNNY』や『アシュラ』のさとうけいいち、シリーズ構成にウルトラマンシリーズで活躍する長谷川圭一、キャラクターデザイン・総作画監督には恩田尚之を迎えた。

こうなると作品がどう作られたのか、気になるところ。そんなファンに向けたのが『神撃のバハムート GENESIS アートワークス』である。
189ページに及ぶ本書には、キャラクターや美術などの膨大なデザインワークが収録される。なかには原案ラフやイメージボード、さらにイラストギャラリー、絵コンテベストセレクション、スタッフインタ ビューなどを盛り込んだ。価格は3241円(税抜き)となる。

一方、『神撃のバハムート GENESIS オリジナル・サウンドトラック』は、映画やテレビドラマ、さらに『TIGER & BUNNY』などで活躍する池頼広の劇半音楽をまとめたものだ。オーケストラによる壮大な80曲以上をCD2枚にわたり収録する。
初回限定となる特装版と通常版の2アイテムが用意されている。特装版は特製Blu-rayディスクがついており、見逃せない。

『神撃のバハムート GENESIS』
http://shingekinobahamut-genesis.jp/

設定資料集「神撃のバハムート GENESIS アートワークス」
発売日: 2015年4月28日(火)
価格: 3241円(税抜)  


「神撃のバハムート GENESIS オリジナル・サウンドトラック」
発売日: 2015年4月29日(水)
価格: 特装版 3200円  通常版2800円 (いずれも税抜)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集