黒沢、朝井、豊田、安済が集合。TVアニメ「響け!ユーフォニアム」イベントレポート | アニメ!アニメ!

黒沢、朝井、豊田、安済が集合。TVアニメ「響け!ユーフォニアム」イベントレポート

月刊ニュータイプ創刊30周年イベントで4月18日に『響け!ユーフォニアム』のイベントが開催された。メインキャストである4名が登壇し、

イベント・レポート
月刊ニュータイプ創刊30周年記念イベントが4月15日から19日まで、新宿スタジオアルタとTOHOシネマズ新宿で行われた。4月18日(土)にはスタジオアルタでTVアニメ『響け!ユーフォニアム』のイベントが開催された。

イベントに登場したのは黄前久美子を演じる黒沢ともよさん、加藤葉月を演じる朝井彩加さん、川島緑輝を演じる豊田萌絵さん、高坂麗奈役の安済知佳さんの4名で、MCをフリーアナウンサーの松澤千晶さんが務めた。「ゆーふぉにわー!」と黒沢さんからまるで定番の様に飛び出した挨拶だが、実は今回初めて口にしたという。

楽しい空気で登場した4人は自己紹介を終えると作品の印象をそれぞれ語っていった。「青春」「京都の美しい風景」「部活」といったキーワードが浮かぶ中で、それぞれの部活経験に話題が及んだ。豊田さんは実際に吹奏楽部に所属し、トランペットを担当していたという。劇中では麗奈が担当している楽器だ。豊田さん演じる緑輝はコントラバスを担当、新しい楽器を受け持つ楽しみを語った。朝井さんは所属こそしていなかったが憧れを抱いていたという。本作では、演じるキャラクター同様、実際に楽器を演奏する機会もあるということで、期待に胸を膨らませていた。

キャラクター紹介では黒沢さんが「くみこ(久美子)」であいうえお作文を作成、苦労している麗奈との関係や、困った顔が多く描かれているようすを端的に紹介すると感心のため息が会場から漏れた。安済さんは麗奈を、トランペット一筋が故に周囲からはクールに見られる女の子だと紹介した。

4人は“北宇治カルテット”としてエンディングテーマ「トゥッティ!」も担当している。スカ調の元気なナンバーで、ED映像の冒頭で4人が走るカットでは緑輝がスカダンスを披露していると豊田さんがコメントした。朝井さんは今回が人生で初めてのレコーディングだったとのことで、緊張した当時のようすをふり返った。

続いてはニコ生アンケートと連動したゲームコーナーが行われた。お題に対し即興で心に響くセリフを言い、ニコニコ生放送の視聴者に「心に響いたか/響かなかった」を判断してもらう、というものだ。それぞれ懸命にいいセリフを言おうと奮闘する姿に会場は大きく盛り上がった。最終的にはボーナス得点などの加算もあり、見事クリアのご褒美として、ED主題歌「トゥッティ!」をワンコーラス流すことに成功した。
アニメ本編の物語やキャラクターに関してだけではなく、キャストそれぞれのキャラクターも伝わってくる楽しいイベントは大盛況のまま終了した。

『響け!ユーフォニアム』は京都にある高校の吹奏楽部を舞台に繰り広げられる青春群像劇。京都アニメーションが制作、監督は石原立也さん、シリーズ演出に山田尚子さんがクレジットされていることでも話題を呼んでいる作品だ。またキャスト達はそれぞれのキャラクターが担当する楽器を実際に演奏する連動企画もスタートおり、そちらの続報にも注目が集まる。

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』
http://anime-eupho.com/
《細川洋平》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集