国際日本ゲームカンファレンス2015 基調講演の一般応募開始 | アニメ!アニメ!

国際日本ゲームカンファレンス2015 基調講演の一般応募開始

ニュース

2015年5月21日から23日の三日間、「国際日本ゲームカンファレンス2015」(Replaying Japan 2015)が立命館大学衣笠キャンパスにて開催される。この基調講演「ファミコンから世界へ~『ファイナルファンタジー創世記』に見るJRPGグローバル化の系譜」の開催日が最終日にあたる23日に決定した。
基調講演は「ファミコンから世界へ~『ファイナルファンタジー創世記』に見るJRPGグローバル化の系譜」とタイトルする。ファミコンを契機に生まれた「ファイナルファンタジー」シリーズが世界を代表するロールプレイングゲームへと成長を遂げるまでの軌跡を解き明かしていく。

ゲストには、シリーズの生みの親である坂口博信さんと、さらにゲーム雑誌「ファミ通」元編集長でKADOKAWA・DWANGO 取締役の浜村弘一さんを迎える。対談形式でさまざまなエピソードが語られる予定だ。
「ヒゲ」の愛称でゲームファンから人気の坂口さんと、浜村通信のペンネームで名物編集者として知られた浜村さんの対談は話題を呼ぶだろう。公式サイトでは参加者の一般応募を実施しており、人数は150名までの先着順となる。

「国際日本ゲームカンファレンス2015」はゲーム産業を題材とした国際的な研究交流のためのイベントである。主催は立命館大学ゲーム研究センターが務め、今年で3回目の開催を迎える。
2015年は任天堂が欧米市場向けのファミリーコンピューター Nintendo Entertainment System(NES)発売してから30周年の節目の年に当たる。そのことからテーマを「世界化する日本のポップカルチャーとその源流: Nintendo Entertainment System 世界進出の意味を問う」とし、日本のゲーム産業に関する各研究発表が行われる。
[高橋克則]

立命館大学ゲーム研究センター
http://www.rcgs.jp/

「国際日本ゲーム研究カンファレンス2015」基調講演
開催: 2015年5月23日(土)13時~14時25分
会場: 立命館大学(京都市)衣笠キャンパス以学館1号室
登壇者: 坂口博信、浜村弘一
応募アドレス: http://goo.gl/23ekjm
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集