国際日本ゲームカンファレンス2015 「ファイナルファンタジー」の坂口博信が基調講演 | アニメ!アニメ!

国際日本ゲームカンファレンス2015 「ファイナルファンタジー」の坂口博信が基調講演

2015年5月21日から23日、「国際日本ゲームカンファレンス2015」が立命館大学衣笠キャンパスにて開催される。この基調講演に「ファイナルファンタジー」シリーズの坂口博信さんが登壇する。

ニュース
2015年5月21日から23日に「国際日本ゲームカンファレンス2015」(Replaying Japan 2015)が立命館大学衣笠キャンパスにて開催される。この基調講演に「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親である坂口博信さんと、KADOKAWA・DWANGO取締役を務める浜村弘一さんの登壇が決定した。
国際日本ゲームカンファレンスは、日本のゲーム文化、ゲームの教育利用、ゲーム産業を題材とした国際的な研究交流のためのイベントである。立命館大学ゲーム研究センターが主催、今年で3回目を迎える。

2015年は任天堂が欧米市場向けのファミリーコンピュータであるNintendo Entertainment System(NES)を発売してから30周年の記念年にあたる。それを受け、今回の開催テーマは「世界化する日本のポップカルチャーとその源流: NES 世界進出の意味を問う」とする。
期間中は日本のゲーム産業に関する各研究発表が行われる。ゲーム研究者にとって興味深いものになりそうだ

基調講演「ファミコンから世界へ ~ ファイナルファンタジー創世記に見るJRPGグローバル化の系譜」では、「ファイナルファンタジー」シリーズが世界を代表するRPGとして飛躍するまでの軌跡を対談形式で解き明かす。
登壇者の坂口博信さんは「ファイナルファンタジー」シリーズを生み出し、その後も『ブルードラゴン』や『ロストオデッセイ』などの話題作をリリースしているゲームクリエイターだ。浜村弘一さんはゲーム雑誌『ファミ通』の元編集長で、浜村通信の愛称でも知られている現在はKADOKAWA・DWANGO取締役を務めている。
RPGというジャンルで物語を表現してきた坂口さんと、ファミコン発売時からジャーナリズムの第一線で活躍してきた浜村さんのトークは、ゲームファンならずとも注目だろう。基調講演は一般参加も予定している。日時や応募方法などの詳細は決まり次第公式サイトにて発表される。
[高橋克則]

立命館大学ゲーム研究センター
http://www.rcgs.jp/

「国際日本ゲーム研究カンファレンス2015」(Replaying Japan 2015)
開催: 2015年5月21日(木)~23日(土)
会場: 立命館大学(京都市)
主催: 立命館大学ゲーム研究センター
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集