3DCGが変えたアニメ表現とは?荒牧伸志監督と神風動画・水崎淳平、福岡でセミナー登壇 | アニメ!アニメ!

3DCGが変えたアニメ表現とは?荒牧伸志監督と神風動画・水崎淳平、福岡でセミナー登壇

CGーARTS協会はCGとアニメーションの最新動向を伝える。4月25日には福岡で「CG表現のいま―3DCGが変えたアニメ表現とは―」と題した無料セミナーを開催する。

ニュース
国内のアニメーション制作におけるCGの重要さは近年、ますます増している。そのなかでCGクリエイターに必要される知識も日進月歩となっている。
こうしたなかでCGーARTS協会は、CGクリエイター向け書籍『ディジタル映像表現』」と『入門CGデザイン』の改訂新版を発行した。これらの書籍は2004年に初版を出版、以来CGクリエイター教育の場で必携のテキストとして活用されてきた。改訂版は最新情報を加えることで、より現在にマッチしたものとなる。

また改訂版の出版を機に、リアルな場でもCGとアニメーションの最新動向を伝える。4月25日には福岡で「CG表現のいま―3DCGが変えたアニメ表現とは―」と題した無料セミナーを開催する。
当日は、SOLA DIGITAL ARTSの荒牧伸志監督、神風動画の代表である水崎淳平氏が講演を行う。またCGーARTS協会発行の関連書籍の案内もする。

荒牧伸志監督は『キャプテンハーロック』や『アップルシード アルファ』で知られるCGアニメーションの第一人者。今回は「荒牧監督が語る『アップルシード アルファ』のメイキングからみる表現の追求-」とタイトルし、同作のメイキングとしてフル3DCG映像制作の利点や課題などを解説する。脚本や絵コンテ、モーションキャプチャー、Vコン、それにレイアウトまで広い分野に及ぶ。
一方、水崎淳平氏が代表を務める神風動画は、『ジョジョの奇妙な冒険』のテレビシリーズのオープニング映像やゲームムービー、オリジナル作品まで制作する。2Dタッチと3Dを軽々と超えるエッジの効いた個性溢れる映像が特徴だ。神風動画のこれまでと今後について語る予定だ。

会場は福岡市博多区博多駅近くの麻生情報ビジネス専門学校福岡校新館、25日15時から17時半までを予定する。受講料は無料だが申し込みが必要となる。CGーARTS協会の公式サイトで募集を受付中、先着順で定員になり次第締め切るとのことだ。

「CG表現のいま―3DCGが変えたアニメ表現とは―」
―荒牧伸志監督と神風動画 水崎淳平氏が語る―
改定新版「ディジタル映像表現」にみる求められる能力
http://www.cgarts.or.jp/seminor/information/150425/index.html

日時: 2015年4月25日(土) 15:00-17:30
15:00-16:00
「荒牧監督が語る『アップルシード アルファ』のメイキングからみる表現の追求-」
講師:荒牧伸志(監督・SOLA DIGITAL ARTS)
16:15-17:15
「神風動画が挑みつづけるCG表現の多様性と可能性」
講師:水崎淳平(代表・神風動画)
会場: 麻生情報ビジネス専門学校 福岡校 新館)(福岡市博多区博多駅南2-12-32

対象: 指導者、教育者、学生  定員: 250名
受講料: 無料
後援: クリエイティブ福岡推進協議会

[/アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.biz より転載記事]



《アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.biz》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集