第19回手塚治虫文化賞 ほしよりこ「逢沢りく」が大賞に | アニメ!アニメ!

第19回手塚治虫文化賞 ほしよりこ「逢沢りく」が大賞に

第19回手塚治虫文化賞の受賞作と受賞者が発表された。年間のベスト作品に贈られるマンガ大賞は、ほしよりこさんの『逢沢りく』に決定し、新生賞は大今良時さん、短編賞は吉田戦車さん、特別賞はみつはしちかこさんが選ばれている。

ニュース
第19回手塚治虫文化賞の受賞作と受賞者が発表された。年間のベスト作品に贈られるマンガ大賞は、ほしよりこさんの『逢沢りく』に決定し、新生賞は大今良時さん、短編賞は吉田戦車さん、特別賞はみつはしちかこさんが選ばれている。

『逢沢りく』は共学のエスカレーター式中学に通う14歳の少女・逢沢りくを主人公とした長編作品である。同級生の憧れの的で、嘘の涙を流すことができる彼女を取り巻く日々が描かれている。作者のほしよりこさんは『きょうの猫村さん』などの代表作を持ち、柔らかいタッチやユーモアのセンスでこれまでも高い評価を得てきた。

斬新な表現や画期的なテーマを題材とした作者に贈られる新生賞は『聲の形』の大今良時さんが選出された。障害者といじめという重い題材から、力強い希望と再生の物語を紡ぎ出したことが選出の理由である。
短編や4コマなどの作品・作者を対象とした短編賞は吉田戦車さんが選ばれた。不条理ギャグ『伝染るんです。』から育児日記『まんが親』まで、独自の笑いのセンスにあふれた一連の作品が評価された。
マンガ文化の発展に寄与した個人・団体に贈られる特別賞は、『小さな恋のものがたり』を半世紀以上にわたり描き続けて完結させた業績を称え、みつはしちかこさんが選出された。

手塚治虫文化賞は日本のマンガ文化に大きな貢献を果たした手塚治虫さんの業績を記念し、その志を継いでさらなる発展を目指すため、朝日新聞社が1997年に創設した。
第19回の選考委員は、作家のあさのあつこさん、マンガ家の里中満智子さん、学習院大学教授の中条省平さん、編集者の中野晴行さん、コラムニストのブルボン小林さん、マンガ解説者の南信長さん、マンガ家のみなもと太郎さん、マンガ研究者のヤマダトモコさんと、幅広い分野で活躍する面々が務めた。贈呈式は5月22日に東京・築地の浜離宮朝日ホールにて行われる。
[高橋克則]

手塚治虫文化賞
http://www.asahi.com/shimbun/award/tezuka/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集