ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」アナログとハイテクの融合、ナルトの成長物語 | アニメ!アニメ!

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」アナログとハイテクの融合、ナルトの成長物語

連載・コラム

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」アナログとハイテクの融合、ナルトの成長物語
  • ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」アナログとハイテクの融合、ナルトの成長物語
  • ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」アナログとハイテクの融合、ナルトの成長物語
  • ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」アナログとハイテクの融合、ナルトの成長物語
  • ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」アナログとハイテクの融合、ナルトの成長物語
  • ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」アナログとハイテクの融合、ナルトの成長物語
  • ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」アナログとハイテクの融合、ナルトの成長物語
  • ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」アナログとハイテクの融合、ナルトの成長物語
  • ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」アナログとハイテクの融合、ナルトの成長物語
連載第112回
高浩美の アニメ×ステージ&ミュージカル談義  
[取材・構成: 高浩美]   

■昨年の秋に連載が終了し、
大規模な『NARUTO-ナルト-』のプロジェクトの一環としての舞台化

世界的人気コミック『NARUTO-ナルト-』の舞台化はその発表から話題性が高かった。昨年の秋に連載が終了し、大規模なプロジェクトが始まった。
連載は完結したが、ここから新たな『NARUTO』の歴史が始まった。”終了”は”始まり”、まさにそういった形だ。連載完結をビッグイベントとして盛り上げることはよくある企画だが、『NARUTO-ナルト-』は通常の企画を遥かに上回ったものである。

そして今回の舞台、である。これは単なるプロジェクトの一環を超え、アジア圏にワールドツアーにも出かけることが決まっている。
さらに渋谷のアイアシアタートウキョーが、いわゆる"2.5次元舞台”の専用劇場のこけら落とし公演でもある。世界中にファンが多いこの作品、外国人の観客にも配慮し、装着型の字幕装置も用意している。そういった見地に立ってみると、いろんな側面でエポックメイキングな作品と言えるであろう。

原作「NARUTO-ナルト-」(集英社 ジャンプコミックス刊)は、1999年より週刊少『年ジャンプ』(集英社)で連載された看板作品。2014年11月、15年の長期連載の幕を降ろした。単行本の累計発行部数は全世界で2億部を突破、本舞台の公演イメージソングには、日本のみならず、世界でも人気を誇るFLOWが、この舞台のために書きおろし た新曲「光追いかけて」が決定した。
なお、嬉しいことにライブ・ビューイング決定、5月10日18時開演、会場は全国の映画館である。チケットの先行抽選は3月28日12時よりイープラスとローソンチケットにて受付する。一般発売は4月19日11時からを予定、価格は3600円(税込)とのことだ。
《高浩美》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集