弱虫ペダルのコラボデジカメ登場 総北や箱学のキャラとツーショット、二次元との邂逅 | アニメ!アニメ!

弱虫ペダルのコラボデジカメ登場 総北や箱学のキャラとツーショット、二次元との邂逅

テレビアニメ『弱虫ペダル』とCASIOの「EXILIM」がコラボモデルを完全受注発売する。「ダイナミックフォト機能」ではキャラクターとツーショットが撮影できる。

ニュース
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR製作委員会
  • (C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR製作委員会
  • (C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR製作委員会
  • (C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR製作委員会
  • (C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR製作委員会
テレビアニメ『弱虫ペダル』と、カシオのデジタルカメラ・EXILIM「EX-ZS35」がコラボレーションする。ファンの目を思わず惹く「弱虫ペダル×CASIO EXILIM」モデルの完全受注生産販売を発表した。
EXILIMは今までにも『とある魔術の禁書目録』や『黒執事』とコラボモデルを販売してきた。人気アニメに詳しく、いち早く企画する。2015年2月には『黒子のバスケ』とのコラボモデルを発表したばかりだ。どちらも通販サイト「キャラモノon-line」で予約を受け付けている。

「EX-ZS35」はスマートなステンレスボディで、女性でも扱いやすい大きさとした。『弱虫ペダル』の女性ファンを意識しているようだ。2010万画素で撮影が可能で、顔検出やブレ軽減などの機能が付いている。
コラボデジタルカメラならではの特徴は、人気キャラクターと写真が撮れるという「ダイナミックフォト機能」だ。撮影した写真にキャラクター画像を重ねることができる。ツーショットやアニメの場面を再現できるなど、楽しみ方はさまざまだ。
「ダイナミックフォト機能」には主人公・小野田坂道が所属する総北高校の今泉俊輔、鳴子章吉、金城真護、田所迅、巻島裕介を始め箱根学園のメンバーや京都伏見の御堂筋翔などの人気キャラクターが収録されている。どのキャラクターを選ぶかは、ユーザー次第だ。

デジカメ本体自体はシンプルなホワイトで、表は作品に登場する高校4校の校章が刻印されている。さらにパッケージは描き下ろしイラスト。
そして予約者全員に総北高校がデザインされたオリジナルポーチとストラップがプレゼントされるなど特典が満載になっている。このポーチとネックストラップは他校のデザインも別売し、箱根学園、京都伏見高校、呉南工業の3種類となっている。
ただし商品は全て完全受注販売となる。コラボデジカメも含め、3月20日に「キャラモノon-line」で第一次予約受付を開始、5月中旬からの発送となっている。

「弱虫ペダル×CASIO EXILIM」
ベースモデル: EX-ZS35
カラー: ホワイト
販売価格: 25,000円(税抜)

「弱虫ペダル×EXILIM専用ポーチ&ストラップセット」
商品価格: 各3,000円(税抜)
種類: 箱根学園モデル/京都伏見モデル/呉南工業モデル(全3種類)

キャラモノon-line
http://charamono.jp/

『弱虫ペダル GRANDE ROAD』
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集