2015年春、ドラえもんとのび太に対する 田中裕二、観月ありさ、市村正親の悪の宇宙海賊3人 | アニメ!アニメ!

2015年春、ドラえもんとのび太に対する 田中裕二、観月ありさ、市村正親の悪の宇宙海賊3人

ニュース

2015年3月7日(土)に、「映画ドラえもん」最新作『のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』が全国公開される。2015年は「映画ドラえもん」シリーズのスタートから35周年を迎える。記念すべき作品だ。
シリーズは35年もの間スクリーンで愛されてきたが、その人気は近年ますます高まっている。子どもだけでなく、大人たちからも熱い支持を受けている。
毎年、映画で人気の企画のひとつが、ゲストキャラクターの声優に話題の人たちを配することだ。『のび太の宇宙英雄記』でも大物が揃う。

本作で重要な役割を果たす悪の宇宙海賊として、田中裕二(爆笑問題)、観月ありさ、市村正親の3名がゲスト声優として出演する。
田中裕二は宇宙海賊の頭脳だが首領には頭が上がらない宇宙海賊・ハイド役。『モンスターズ・インク』では主役のマイクもこなした田中裕二だけにその表現が期待される。
観月ありさは、女海賊のメーバ役である。宇宙海賊の紅一点、体を自由自在に液体にできる男勝りで激しい気性とのことだ。キャリアの長い観月ありさだが、声優は今回が初挑戦とやや意外だ。どんな演技を見せるのか気になるところである。
そして宇宙海賊の首領、イカーロス役を市村正親が演じる。舞台やドラマ、映画で活躍を続ける市村の宇宙海賊になる。ハイドとメーバのキャラクターの姿は今回明かされたが、イカーロスはその姿を隠している。今後の発表を待ちたい。

今回の映画では、ドラえもんとのび太はヒーローとなって、宇宙海賊に滅ぼされそうな星を救うという話になる。二人の前に立ちはだかるのが、田中裕二、観月ありさ、市村正親というわけだ。ドラえもんたちとる悪の宇宙海賊の攻防が見どころになる。
またストーリーには、「誰にでも自分の得意なこと、個性があって、誰でもヒーローになることができる!」といったメッセージが込められているという。春休みの子どもたちにぴったりだ。

出演が決まった3人は、全員ドラえもんが大好きだという。そこで3人のアフレコ現場に、ドラえもんが訪れると大喜びになった。また3人は映画出演のコメントも明らかにしている。さらにテレビ朝日:川北桃子プロデューサーからも、3人の起用についてコメントがある。
3月の公開に先立って1月31日(土)からは、東京・神保町シアターにて「ドラえもん映画祭2015」も開催されている。こちらは1980年の『のび太の恐竜』から2014年の『新・のび太の大魔境』までの全35作品を35日間にわたり、順次上映するというものだ。思い出の一本をもう一度楽しむのによさそうだ。

田中裕二コメント(宇宙海賊:ハイド役)
「ドラえもんという注目度の高い作品のゲスト声優のお話をいただいたときは正直びっくりしました。子どものころもドラえもんの単行本はよく読んでいて、ドラえもんというキャラクターが好きなのはもちろん、子供なら誰もが共通点を見つけてしまう、のび太に感情移入をしながら楽しんでいました。僕自身アフレコは何度か経験があるのですが、いまだに慣れないというか、苦手でもあるのですが、今まで演じてきたキャラクターと今回演じるハイドが、違ったキャラクターになればと思います。ぜひ劇場でご覧ください。」

観月ありさコメント(宇宙海賊:メーバ役)
「小さいころからアニメも見ていましたし、コミックスでも読んでいた“ドラえもん”という国民的アニメに、声優初挑戦となる私が出演させていただけて光栄です。ゲスト声優のお話をいただいたときは嬉しくて、すぐにやります!と言ってしましました。今回、私が演じるのは宇宙海賊の紅一点・メーバという役で監督からはセクシーさと激しさを声で表現してほしいと言われました。自分の声が入った作品がどうなっているのか、私自身完成が楽しみです。」

市村正親コメント(宇宙海賊の首領:イカーロス役)
「今回35周年という節目に、誰もが知っているドラえもんの映画の声優を務めさせていただいて誠に光栄です。そして今回ゲスト声優を務めるということで一緒に映画を観に行くのが楽しみと自分の息子が言ってくれているのも嬉しいです。アフレコは何度も経験があるのですが、声だけではなく、常に演じる役の心をしっかりと表現することを心がけています。今回演じた宇宙海賊の首領・イカーロスも記憶に残る悪役としての雰囲気を出せていればと思います。みなさん完成を楽しみにしていてください。」

テレビ朝日:川北桃子プロデューサーコメント
「今作のゲスト声優をお願いするにあたり、まず、宇宙海賊ハイドは、悪役でありながらも、どこか憎めなくて愛嬌がある存在に、そして宇宙海賊の紅一点・メーバ役は、悪役としての怖さの中にも少しセクシーで色気のあるキャラクターにしたいと考え、田中さん、観月さんの声、表現力がイメージにピッタリだと思いオファーさせていただきました。さらに、宇宙海賊の首領・イカーロスは、一声で、威厳や迫力を感じさせたいと思い、脚本を作る段階で市村さんをイメージしていました。アフレコでは、監督をはじめ、制作陣が想像する以上の魅力的な悪役たちを、声の演技で作り上げていただきましたので、完成を楽しみにしていただければと思います。」

『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記』
3月7日(土)公開

「ドラえもん映画祭2015」
http://jinbocho-theater.jp/
神保町シアター(東京都千代田区神田神保町1-23)
2015年1月31日(土)~3月6日(金)
上映作品:「のび太の恐竜」(1980年)~「新・のび太の大魔境」(2014年)までの全35作品
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集