「POWER PLANT No.33」 吉浦康裕監督の怪獣&ロボバトル 日本アニメ(ーター)見本市 第11弾 | アニメ!アニメ!

「POWER PLANT No.33」 吉浦康裕監督の怪獣&ロボバトル 日本アニメ(ーター)見本市 第11弾

ニュース

ドワンゴとカラーの連続短編企画「日本アニメ(ーター)見本市」の第11弾『POWER PLANT No.33』の予告編映像が公開された。今回は『イヴの時間』や『アルモニ』などを手がけた吉浦康裕監督、ロボット・怪獣作品になるようだ。
配信日は1月30日を予定。本作の制作秘話を語る「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」も2月2日に配信される。

『POWER PLANT No.33』は眠り続ける超巨大発電体33号・エレキマグマに電力を依存している都市が舞台である。ある時、謎の超巨大ロボット・プロトタイタンが天空より飛来し、都市を破壊する。行き場を失った電力の体内蓄積によりエレキマグマは覚醒して、逃げまどう人々の頭上で超巨大スケールのバトルを繰り広げていく。
予告編映像ではエレキマグマらしきイラストが確認できた。岩の塊のような荒々しい姿だが、一体どのようなアクションを披露するのだろうか。アニメーション制作は吉浦監督の制作会社・スタジオ六花と、これまでも「日本アニメ(ーター)見本市」作品を手がけたTRIGGERが共同で行っている。

そして2月2日配信の「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」では本作のメインスタッフが登壇する。
原案/監督/脚本の吉浦康裕監督に加え、原案/怪獣&ロボデザイン/美術監督の金子雄司さん、キャラクターデザイン/作画監督の斉藤健吾さんが、制作秘話を解き明かす予定だ。アニメ特撮・研究家の氷川竜介さんによる作品解説にも注目したい。

日本アニメ(ーター)見本市」はニコニコ動画などを運営しているドワンゴと、アニメーション制作会社のカラーによるオムニバスアニメシリーズだ。クリエイターたちに自由な創作の場を提供するために企画され、毎週金曜日に新作が配信されている。
[高橋克則]

「日本アニメ(ーター)見本市」
http://animatorexpo.com/

『POWER PLANT No.33』
http://www.nicovideo.jp/watch/1421737083
配信日: 1月30日(金)
原案/監督/脚本: 吉浦康裕
原案/怪獣&ロボデザイン/美術監督: 金子雄司
キャラクターデザイン/作画監督: 斉藤健吾
アニメーション制作: スタジオ六花/TRIGGER

「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」第11回
http://live.nicovideo.jp/watch/lv204660631
配信日: 2月2日(月)22時~23時(予定)
出演者: 吉浦康裕、金子雄司、斉藤健吾
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集