「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」ジャンプフェスタにキャスト陣登壇 第2期製作も発表 | アニメ!アニメ!

「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」ジャンプフェスタにキャスト陣登壇 第2期製作も発表

イベント・レポート

2014年12月20日、21日に、幕張メッセにてジャンプ関連作品が集結した「ジャンプフェスタ2015」が開催された。数々のステージ、発表が行われ大きな注目を浴びた。
なかでも話題になったひとつがテレビアニメ『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』のステージイベントだ。モモ役の豊崎愛生さん、ヤミ役の福圓美里さん、リト役の渡辺明乃さん、ララ役の戸松遥さんらが女性声優陣が登壇しトークを繰り広げた。またテレビアニメ第2期の製作発表もあり、ファンを喜ばせた。

まず開幕と共に正面スクリーンには原作の名場面が映し出され、キャスト陣はそれぞれのパートを熱演。ララのシリアスなシーンを演じた戸松さんは「Hな場面じゃないのにドキドキしました」と感想を語った。
続いてトークコーナー「ヤミちゃんおかえり! ダークネス編打ち上げスペシャル」がスタート。原作の矢吹健太朗さんと長谷見沙貴さんを迎え、連載の話題が繰り広げられた。ダークネスの衣装デザインに話が及ぶと、矢吹さんは「Hなお尻を描けるように、お尻からデザインを考え始めた」と、貴重な執筆秘話を明かしていった。

「記憶に残るセリフ」振り返りコーナーでは、豊崎さんと福圓さんがマンガのコマに合わせて演技を披露。福圓さんは「おっぱいに囲まれて死ぬ……」というセリフに「こんな大勢の前で”おっぱい”だなんて」と照れつつ、観覧席のキッズゾーンに向けて「お母さんはお子さんの耳をふさいであげて下さいね~」との配慮も見せた。
さらに、毎年恒例の矢吹さんへの無茶振り企画も勃発。「ララ以外のキャラが子供になった姿が見たい!」という要望で御門涼子先生の子供化イラストを執筆した。その可憐なイラストはもちろん、執筆スピードの速さにも驚きの声が上がっていた。

イベントでは、ナナ役の伊藤かな恵さん、芽亜役の井口裕香さん、ネメシス役の日高里菜さんからの応援コメントも寄せられるなど、バラエティ豊かな企画で盛り上がりを見せた。エンディングでは登壇者がコメントを残してステージを去った後、豊崎さんが「あー! 大事なことを忘れてました!!」と絶叫。直後、正面モニターに「第2期」の大文字が映し出され、テレビアニメ『To LOVEる-とらぶる-ダークネス 2nd』の製作が発表された。
豊崎さんは「今からアフレコが楽しみです。みなさんも続報を楽しみにして下さい!」とファンへメッセージを伝え、イベントは大盛況の内に幕を閉じた。テレビアニメの続報は「ジャンプSQ.」および公式サイトにて随時告知される。今後の展開にも期待したい。
[高橋克則]

『To LOVEる-とらぶる-ダークネス 2nd』
http://www.j-toloveru.com/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集