映画「海月姫」初日舞台あいさつ 能年玲奈はクラゲのドレスで登場! 作者・東村アキコが続編希望 | アニメ!アニメ!

映画「海月姫」初日舞台あいさつ 能年玲奈はクラゲのドレスで登場! 作者・東村アキコが続編希望

マンガ誌「Kiss」(講談社)にて連載中の「海月姫」が実写映画化、12月27日にいよいよ全国公開となった。公開初日には、東京・新宿ピカデリーにて舞台挨拶が行われた。

イベント・レポート
映画「海月姫」初日舞台あいさつ 能年玲奈はクラゲのドレスで登場! 作者・東村アキコが続編希望
  • 映画「海月姫」初日舞台あいさつ 能年玲奈はクラゲのドレスで登場! 作者・東村アキコが続編希望
  • 映画「海月姫」初日舞台あいさつ 能年玲奈はクラゲのドレスで登場! 作者・東村アキコが続編希望
  • 映画『海月姫』(C)2014『海月姫』製作委員会 (C)東村アキコ/講談社
マンガ誌「Kiss」(講談社)にて連載中の「海月姫」が実写映画化、12月27日にいよいよ全国公開となった。主人公・月海を能年玲奈、女装が得意なイケメン鯉淵蔵之介を菅田将暉と人気の役者たちが個性たっぷりの役柄を演じているのが話題だ。
公開初日には、東京・新宿ピカデリーにて舞台挨拶が行われた。登壇したのは能年玲奈、菅田将暉、そして長谷川博己、太田莉菜、篠原ともえ、片瀬那奈、速水もこみちと豪出演陣の面々だ。さらに川村泰祐監督と原作者の東村アキコも姿を見せ、本作に対する思いれの強さを感じさせた。

主演の能年はこの日のためにクラゲをイメージした白のドレスで登壇、その可憐な様子に劇場を埋め尽くしたファンを喜ばせた。その能年は映画について、「この映画はお祭りみたいな映画なので、公開前にチラシ巻きやキャンペーンなど色々やらせていただきました。ようやく今日を迎えられてとても興奮しています!」と喜びを語った。
そんな能年はさらに自身が作ったクラゲのぬいぐるみを披露した。これは撮影中にキャストらで発足した手芸部にて制作したものとのこと。菅田や篠原などからも手芸の腕前を絶賛されていた。

一方、今回イケメンかつ女装もありという複雑な役を演じた菅田将暉は、「ついに公開ということで、今日は僕にとっての「ブラジャー記念日」にしようと思います。撮影の女装中はずっとつけていたので。女装の反応はゲスイものばかりでしたよ(笑)、男性から色々誘われたりしました。」と。

そして川村泰祐監督は、「今日この日を迎えられて本当に嬉しいです。最後のショーで尼~ずが円陣を組むシーンが僕の一番のお気に入りのシーンです。本当に尼~ずらしさが出ていて、感動したのを覚えています。」と感慨深げだ。
原作者である東村アキコも映画に大満足の様子だ。「自由に、自分の好きなようにこのマンガを描いていたのが、映画化が決まってキャストの選定などの際、本当に申し訳なく感じました。でも、本当に監督とキャストのおかげで素晴らしい作品になりました。ありがとうございました!」、さらに「続編ありそうな終わり方でしたよね?みなさん続編希望してますよね?!監督、よろしくお願いします!!」と笑う。こんなところからも監督と作品に対する信頼の大きさが窺われた。

そして最後には能年が、「これからまだまだ「海月姫祭り」はありますので、みなさんも是非お祭りに参加してください!」とあらためて作品への応援を呼びかけた。歓声と暖かい拍手に包まれ、和やかなムードで舞台挨拶は終了した。

映画『海月姫』 
12月27日(土)全国ロードショー
http://www.kuragehi.me

映画『海月姫』
(C)2014『海月姫』製作委員会(C)東村アキコ/講談社
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集