「声優魂」3回目となった今回、最優秀賞は徳島の中学2年生に | アニメ!アニメ!

「声優魂」3回目となった今回、最優秀賞は徳島の中学2年生に

イベント・レポート

今回で3回目となる「声優魂」、その決勝大会と表彰式が11月23日(日)にニッポン放送imagineスタジオで行われた。

全国の高校生・中学生、そして世界中で“声優”を目指している若者の応援として始まったのが「声優魂」だ。さらに物語を創り上げる若者たちの応援として“シナリオ・原作部門”も実施され、鳥取、京都、高知、大阪、熊本の5大会を開催した。今回は過去最大の応募総数1833名の参加となった。

会場で行われた声優部門の最終審査では国内21名、インターナショナル2名の計23名が出場した。3時間を超える審査の結果、最優秀賞に選ばれたのは徳島の中学二年生、堤雪菜さん、彼女は“声優魂高知大会”の優勝者でもあった。特別賞には韓国の李允貞(イ・ユンジョン)さんが選ばれた。

最優秀賞に選ばれた堤雪菜さんは「高知大会に続いて受賞できて、天にも昇る気持ちです!私は水樹奈々さんや、宮野真守さんを尊敬していて、演技や歌、ナレーションなど幅広く活躍できる声優アーティストを目標にしています。そして、声のお仕事を通して、地元・徳島のことをもっと知ってもらえたらと思っています」と喜びのコメントをした。
特別賞に選ばれた李允貞さんは「特別賞を受賞できるなんて思わなかったので、とっても嬉しい!今年4月から日本で翻訳の仕事をしていて、働きながら声優への道を切り開いてゆきたい。私は時代劇が大好きで、日本物も韓国物でも、時代劇のお姫様や登場人物をやりたいです」と同じく喜びのコメントをした。

さらに声優部門の披露演技にゲスト登壇していた『ハナヤマタ』の声優の上田麗奈さんが、自ら演じる関谷なる役で飛び入り参加し、受賞者と一緒にアフレコを演じた。次回の開催が2015年11月22日(日)と公開、アニメ制作スタジオディーンの野口社長から「キャラクター部門」(仮)の新設が発表され、表彰式の幕は閉じた。今後も増えるであろう声優志望やクリエイターの若者たちの登竜門になりそうだ。

「声優魂」公式サイト
http://seidama.jp/faq/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集