ネルフェス2014 in 武道館 約8000人が大興奮 人気作品が次々登場 | アニメ!アニメ!

ネルフェス2014 in 武道館 約8000人が大興奮 人気作品が次々登場

連載・コラム

(C)武内直子・PNP/ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会2014
  • (C)武内直子・PNP/ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会2014
  • (C) 許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト (C)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会
  • (C) NELKE PLANNING Co.,ltd
高浩美のアニメ×ステージ&
ミュージカル談義
[取材・構成: 高浩美]

ミュージカル『テニスの王子様』を始め、多くの2.5次元ミュージカルを手掛けているネルケプランニングが会社設立20周年を迎えた。ネルケプランニングの歴史は、そのまま2.5次元ミュージカルの歴史とリンクする。
『聖闘士星矢』が上演されたのが1991年のこと。その後、『赤ずきんチャチャ』、『姫ちゃんのりぼん』、等の作品が続く。また『サクラ大戦』は声優がその配役のまま舞台に登場、またたくまに人気作品となった。

しかし、なんと言っても現在の2.5次元ミュージカルの流れを決定づけたのはミュージカル『テニスの王子様』だろう。2003年に初演、今年で2ndシーズンが終了し、来年から新たなキャストで3rdシーズンが開幕する。
また、今年は一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会が設立、舞台製作会社やマンガ・アニメ・ゲームなどの関連企業以外に様々な企業が参加しており、大手出版社も特別会員として名を連ねている。

2015年はミュージカル「美少女戦士セーラームーン」やミュージカル『テニスの王子様』の海外公演が予定されており、今後ますますの隆盛が期待される。その中でネルケプランニングはまさにパイオニア的存在で、アニメ・コミック・ゲームの舞台化がまだまだ珍しい、好奇の目で見られていた時代から地道に作品を世に送り続けていた。そこできっちりノウハウを蓄積し、作品に関わった多くのスタッフがさらに進化した作品を創造する。そういったサイクルが確立されつつある。

また、20周年の今年、ネルケプランニングが一年かけて行ってきた20周年企画「20のスペシャル」、その中のひとつに“中国支 社:ネルケチャイナ設立”。こちらはつい先だって中国で記者会見があったが、いわゆるネルケプランニングの中国支社、今後、世界に日本のエンターテインメントを発信していくことになるだろう。
その他、“ネルケちゃんLINEスタンプ発売”など、演劇企画制作会社としては 新しいチャレンジばかりで大きな話題が多かった。

今回の公演はそんなネルケプランニングが会社総力を上げて取り組んだもの。制作クレジットも“ネルケプランニング社員一同”、もう“なんでもあり”“昔懐かしいマンガ祭的”の内容と聞く。
会社のアニバーサリーと言えばどこかの高級ホテルでの大宴会が定番だが、そういったことをやらずにファンのために武道館で賑やかにお祭りを、というところが、ネルケプランニングらしい企画である。まずは観てのお楽しみ、といったところだろう。
《高浩美》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集