「ストロボ・エッジ」主題歌はGReeeeNの「愛唄」、ボーカルはオーディション 2015年3月14日公開 | アニメ!アニメ!

「ストロボ・エッジ」主題歌はGReeeeNの「愛唄」、ボーカルはオーディション 2015年3月14日公開

咲坂伊緒さんの傑作少女マンガ『ストロボ・エッジ』が実写映画化されるとすでに話題を呼んでいる。その映画の大きな情報が10月9日に明かされた。

ニュース
(C)2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
  • (C)2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
咲坂伊緒さんの傑作少女マンガ『ストロボ・エッジ』が実写映画化されるとすでに話題を呼んでいる。その映画の大きな情報がふたつ10月9日に明かされた。
ひとつは劇場公開日の決定で、2015年の3月14日に全国公開となる。ファンにとってはホワイトデーの大きなプレゼントになるに違いない。

そしてもうひとつ映画主題歌が人気の音楽グループGReeeeNのデビュー曲にして代表曲である「愛唄」に決定した。しかも、このボーカルはGReeeeNの提案により、GReeeeNがLINEに持つ公式アカウントでオーディションをするという。かなりサプライズな企画となった。
オーディションは、GReeeeN LINE公式アカウントがオンエアされる2014年10月17日の18時から10月19日の23時59分の間に実施する。この期間に「愛唄」をアカペラで歌った動画を投稿するとエントリー出来る。この投稿をもとに10月末までは優勝者を決定するという。一体、どんなアーティストが登場するのか、そのひとが「愛唄」をどう歌うのか注目される。

今回の主題歌決定は、本作の中の一シーンからインスピレーションを得たものだという。仁菜子が何気なく鼻歌を歌ったシーン、その曲に蓮が呼応して「その歌、ちょうど同じところが俺も頭の中で流れてた」と、想いがシンクロする。
原作では楽曲名については触れられていない。しかし映画撮影にあたり、本作が連載されていた2007年の大ヒット曲である「愛唄」の歌詞が主人公たちの心情に寄り添っていると考え、白羽の矢を立てたという。

主題歌起用について、GReeeeNからメッセージも公開されている。
「今回、映画プロデューサーからお話を頂いた際、僕たちGReeeeNのデビュー年の楽曲、「愛唄」が「今でも男性も女性にも聞いてもらえている」と言ってくださり、正直に嬉しく思いました。「ストロボエッジ」がついに映画化されると知り、とても嬉しく思います。世代を超え今でも沢山の人に愛されている証拠だと感じます。来春の映画の公開を心待ちにしていますが、「愛唄」という楽曲が今回の映画とともにどのように変化するかも楽しみにしています。」

『ストロボ・エッジ』の原作となるマンガは、2007年から2010年にかけて別冊マーガレットで連載された。単行本が全10巻で累計470万部を超える人気作品だ。
原作の咲坂伊緒さんは、実写映画化とテレビアニメ化で話題の『アオハライド』でも知られている。自身の代表作の相次ぐ映像化になる。『ストロボ・エッジ』の主演は有村架純さんと福士蒼汰さん、人気の役者を迎えて、2014年春に大きな旋風を巻き起こすに違いない。

映画『ストロボ・エッジ』
2015年3月14日(土)全国ロードショー
/http://strobe-movie.com/

映画『ストロボ・エッジ』
(C)2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集