「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」銀河プレミアに山寺宏一、加藤浩次、遠藤憲一が登壇 | アニメ!アニメ!

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」銀河プレミアに山寺宏一、加藤浩次、遠藤憲一が登壇

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の「銀河プレミア」が9月4日(木)に行われた。吹替キャスト陣より、主人公のピーター・クイル役の山寺宏一さん、ロケット役の加藤浩次さん、グルート役の遠藤憲一さんが登壇し、トークを繰り広げた。

イベント・レポート
宇宙のはみだし者たちが銀河存亡をかけた戦いに挑む映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は9月13日(土)に全国公開を迎える。このたび、9月4日(木)に「銀河プレミア」と題した銀河プレミアイベントが行われた。
当日は吹替キャスト陣より、主人公のピーター・クイル役の山寺宏一さん、銀河最凶のアライグマ・ロケット役の加藤浩次さん、心優しい動く植物・グルート役の遠藤憲一さんが登壇し、トークを繰り広げた。

イベント会場では、劇中のロケットを精巧に再現したアニマトロニクスのトーキング・ロケットが初披露された。トーキング・ロケットはイベント中に突然加藤さんの声で喋り出し、会場のファンとマスコミを驚かせていた。
この姿に加藤さんは「意味もなく変な汗がいっぱい出てくるよ……」とハラハラした様子。だが遠藤さんからは「よく出来ている、可愛い……」と好評で、山寺さんからは「(ロケットが加藤さんの声で喋るので)加藤さん来なくても良かったんじゃない?」との発言が飛び出すほどだった。

山寺さんは本作について「すでに公開した国々では女性の鑑賞率も高いようで、誰もが楽しめる最高のエンターテイメント作品です」とコメント。加藤さんは「ベテランの方々の中に入って良いのかとも思いましたが、一生懸命吹替えました。周りの方々が支えてくださったので、頑張れたと思います」と胸の内を明かし、「山寺さんと同じタイミングに出来上がりを観て、開口一番面白いと言い合いました。是非多くの方に伝えて頂きたいです!」とメッセージを伝えた。
遠藤さんも「若い人からお年寄りまで幅広い世代が楽しめる作品だと思います」と絶賛。今回の役柄については、「アテレコの仕事は普段はあま り行わないので、"私はグルート"の一言なら出来ると思って引き受けました」と裏話を披露した。
「ただ、この一言で感情を出さないといけないので難しく、俳優業よりNGが多かったかもしれません。一言しか話さないグルートの表情が豊かなところにも注目していただきたいです」とファンに向けて見所を語った。
[高橋克則]

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
9月13日(土) 2D/3D全国ロードショー
/http://Marvel-japan.jp/GOG/

監督: ジェームズ・ガン 
製作: ケビン・ファイギ
[出演]
クリス・プラット、ブラッドリー・クーパー、ヴィン・ディーゼル、ゾーイ・サルダナ
デイブ・バチスタ、ベニチオ・デル・トロ
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集