春奈るなの歌声がドイツに響く 初の欧州ライブで「Fate/Zero」も「SAOII」も | アニメ!アニメ!

春奈るなの歌声がドイツに響く 初の欧州ライブで「Fate/Zero」も「SAOII」も

ニュース

春奈るなの歌声がドイツに響く 初の欧州ライブで「Fate/Zero」も「SAOII」も
  • 春奈るなの歌声がドイツに響く 初の欧州ライブで「Fate/Zero」も「SAOII」も
  • 春奈るなの歌声がドイツに響く 初の欧州ライブで「Fate/Zero」も「SAOII」も
  • 春奈るなの歌声がドイツに響く 初の欧州ライブで「Fate/Zero」も「SAOII」も
  • 春奈るなの歌声がドイツに響く 初の欧州ライブで「Fate/Zero」も「SAOII」も
  • 春奈るなの歌声がドイツに響く 初の欧州ライブで「Fate/Zero」も「SAOII」も
  • 春奈るなの歌声がドイツに響く 初の欧州ライブで「Fate/Zero」も「SAOII」も
  • 春奈るなの歌声がドイツに響く 初の欧州ライブで「Fate/Zero」も「SAOII」も
  • 春奈るなの歌声がドイツに響く 初の欧州ライブで「Fate/Zero」も「SAOII」も
2012年のデビュー以来、人気アニメのテーマ曲を次々と歌ってきた春奈るなは、いまではアニメシーンに欠かすことに出来ないビッグアーティストだ。そんな存在感は日本だけでなく海外にも広がり始めている。
米国、アジアと矢継ぎ早に海外ライブを実現させてきたが、この夏はさらにヨーロッパ進出を実現した。8月1日から3日まで、ドイツ・ボンで開催されたAnimagiCのメインゲストとして招かれて熱いライブを披露、サイン会などの交流も行い現地のファンから熱狂的な歓迎を受けた。

AnimagiCは、ドイツ最大級の日本のアニメ、マンガのイベントだ。人気アニメの紹介や企画が満載となった。日本からは『ハーロック』の荒牧伸志監督、ボンズの南雅彦代表、WIT STUDIOの和田丈嗣代表ら多数のゲスト参加している。
3日間の期間中の来場者数は、約2万にも達する。ドイツの日本アニメ、マンガの情報発信拠点だ。

春奈るなは、そんなイベントの音楽シーンを盛りあげた。ライブの会場は地元ボン生まれの作曲家の名を冠したベートーベンホール、キャパシティは2500人だが、2日にわたったライブはいずれも超満員である。
当日はまず自身のデビュー曲『Fate/Zero』のエンディングテーマ「空は高く風は歌う」からスタートする。さらに最新曲、アニメ『ソードアート・オンラインII』のエンディングテーマでもある「Startear」、『〈物語〉シリーズ』などヒットアニメからの曲を中心に全9曲を歌い上げた。終盤は地元ファンたちも総立ちとなり、手拍子で応え大喝采となる熱狂ぶりだった。

そんなライブについて春奈るなは、「人生初のドイツに来て、来てくれたみんなが自分の歌を聴いてくれてとても感動しました。ドイツは街がきれいで、穏やかな印象です。ドイツのコスプレイヤーさんたちは美男美女ばかりで衣装のクオリティも高く、日本のアニメがすごく愛されているのを実感しました。またドイツに来てライブができるように頑張りたいと思いました!」と語る。今後も海外での活動に強い意欲を見せる。

春奈るな公式サイト 
/http://www.harunaluna.jp

アニマジック
/http://www.animania.de/animagic/animagic-news.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集