「STAND BY ME ドラえもん」 妻夫木聡が青年のび太役で声優出演! 映画とCMがシンクロ! | アニメ!アニメ!

「STAND BY ME ドラえもん」 妻夫木聡が青年のび太役で声優出演! 映画とCMがシンクロ!

ニュース

8月8日に公開の迫る『STAND BY ME ドラえもん』は、原作者の藤子・F・不二雄さん生誕80周年記念に合わせるかたちで制作が進んでいる。公開まで残り1ヵ月あまりだが、このなかでサプライズな発表があった。
人気俳優の妻夫木聡さんが、本作に声優出演することが決定した。役柄は青年になったのび太である。実は妻夫木聡さんは、トヨタのCMでも青年のび太を好演している。それだけに注目だ。

「STAND BY ME ドラえもん」は、3DCG版の『ドラえもん』としても話題である。本作は、原作の中でも名作と呼ばれる作品をベースに、ドラえもんとのび太の出会いから別れを、そしてしずかちゃんへ想いを寄せるのび太の奮闘を描く。
大ヒットした『friends もののけ島のナキ』を制作した白組の山崎貴監督と八木竜一監督のコンビの名コンビが、新たな『ドラえもん』映画に挑んだ。

CMでは見事にハマり役だった妻夫木さんは、今回も意欲的に挑む。「国民的マンガだけに踏み込んで良いのか?」という戸惑いがあったという。それでも何度もラブコールを送る制作陣の熱意を感じて決定した。
4月末日に都内スタジオで行われたアフレコでは、自前の眼鏡をかけて、ビジュアルからのび太になりきった。監督に何度も何度も言い回しやニュアンスなどを確認しながら、体を動かしながら熱心に作業を進めていく姿に、仕上がりを聞いた監督は「本当に声変わりしたのび太くんそのもの」と大絶賛。妻夫木さんはそれまでの真剣な表情が緩み、「本当に緊張しました!」とにこやかに感想を述べた。

一方6月26日には、昨年12月以来となる未完成試写会企画の第2弾として「ほぼ完成披露試写会」を実施した。前回の「子ども経験者」に秋元康さん、大久保佳代子さん、樹木希林さん、辻慎吾さん、豊田章男さん、西尾由佳理さん、羽鳥慎一さんらが新たにメンバーに加わり、計16名になった。
上映後は、興奮冷めやらぬまま映画の感想を言い合い、監督とお話をする中で、『ドラえもん』を初めて観たという樹木さんに、監督やメンバーが『ドラえもん』についてレクチャーする場面もあった。
その映像は、現在、2D版が完成しているなか、3D版の調整中である。世界にも引けを取らない3DCG技術の最新版まで、あと少しだ。
[真狩祐志]

『STAND BY ME ドラえもん』
/http://doraemon-3d.com/
8月8日(金)全国東宝系ロードショー!

妻夫木聡コメント
-アフレコを終えてみての感想
「ドラえもんは国民的漫画なので、自分が声をやらせて頂いていいのかという葛藤がすごくありました。のび太の声ですもん。越えちゃいけない壁があるような。でも『どうしても僕でお願いしたい』と制作のみなさんから何度もオファーを頂いて、そこまで言って頂いたのでその言葉を信じてやらせて頂きました」

-3DCGの絵を見ていかがでしたか?
「今までのものとまったく違いますね。見てさらに緊張しました」

-監督から、「のび太がのり移っている感じでしたよ?」と言われてみて
「今日の洋服ものび太君っぽくしなきゃと思って。メガネも(最初)かけてなかったら、かけないとダメだなと思って。『やるからには全部のび太にならないと』、と思ってやらせてもらいました」

-ドラえもんとの思い出
「子どものころからのび太世代のど真ん中で、当たり前のようにドラえもんってあったので、そのドラえもんに自分が関わるなんて恐れ多いです。本当に勉強になりました」

-好きなひみつ道具
「アベコンベです。全てがアベコベになってしまうシュールな世界観が好きです。原作マンガのエピソードって、けっこうブラックだったりしますよね」

シンエイ動画・梅澤道彦プロデューサー
妻夫木聡さん起用の理由
「CMで妻夫木さんの大人のび太はすっかりおなじみですが、最初に聞いたときは『あのかっこいい妻夫木さんがのび太役』とびっくりしました。CMを見て、全く違和感なくのび太になられているのを見てさらにびっくりしました。今回映画の中に青年のび太が登場するということで試行錯誤してみましたが、やはり妻夫木さんの顔が浮かびました。そして妻夫木さんにお願いしたいと思い、オファーしました。ご本人も誰もが知っている『ドラえもん』でのび太の声をやる、ということで大変恐縮していましたが、何度目かのオファーで受けて頂くことになり、監督も『声が変わりしたのび太そのもの』と絶賛するほどの素晴らしい出来上がりになりました。頼りなくて優柔不断だけど憎めない、人間味あふれるのび太になったと思います」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集