「オール・ユー・ニード・イズ・キル」圧巻のポスタービジュアル トム・クルーズ主演、原案・桜坂洋 | アニメ!アニメ!

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」圧巻のポスタービジュアル トム・クルーズ主演、原案・桜坂洋

ニュース

7月4日にトム・クルーズの最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が日本公開となる。今回、そのポスタービジュアルが公開された。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、日本のライトノベルとハリウッドのコラボが注目されているSFアクション映画だ。原案となったのは、著・桜坂洋、イラスト・安倍吉俊による日本のライトノベルである。キャストには、「ミッション:インポッシブル」シリーズでお馴染みのトム・クルーズ、『プラダを着た悪魔』や『アジャストメント』などで知られるエミリー・ブラントが参加している。監督は『ボーン・アイデンティティー』、『Mr.& Mrs. スミス』などを手がけたダグ・ライマンが務めている。

今回公開となったポスターは、謎の侵略者による激しい攻撃によって荒廃した都市を背景にトム・クルーズ演じるケイジと、リタが険しい顔でそびえ立つ鮮烈なビジュアルだ。機動スーツを着用したふたりの背後には、崩れかけたエッフェル塔と、激しい火の手が上がっており、空にはおびただしい軍用機が飛んでいる。
このビジュアルからは、滅亡の危機をむかえた未来世界が、崩壊寸前であることが見て取れる。果たして、謎の侵略者"ギタイ"にケイジとリタは地球を守りぬくことができるのだろうか。今から本作の結末が待ちきれない。

本作の舞台は、侵略者から熾烈な襲撃を受けている近未来の地球だ。現在の人類の軍事力では、その攻撃に耐えうる術はない。対侵略者の決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘の端緒で一矢を報いることもなく戦死してしまう。しかし、次の瞬間、ケイジは自分が不可思議なタイムループの世界に囚われていることに気づく。無限に繰り返される戦闘、そして死……。
しかし、永遠に続くかのように思われた閉ざされた世界に、やがて一筋の光が差す。女性戦闘員であるリタ・ヴラタスキと共に敵との戦いを繰り返す間にケイジの戦闘技術は次第に磨き上げられていく。そして、終わりのない戦い敗北を続けるふたりは、人類滅亡の危機に立ち向かっていく……。

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト
/http://www.allyouneediskill.jp

原作: 桜坂洋
監督: ダグ・ライマン 
キャスト: トム・クルーズ、エミリー・ブラントほか
配給: ワーナー・ブラザース映画
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集