「ロボットガールズZ」に挑む!挑戦キャラクターの声優発表 満を持したコメントも | アニメ!アニメ!

「ロボットガールズZ」に挑む!挑戦キャラクターの声優発表 満を持したコメントも

ニュース

「無敵の力はアタシのために 正義の心は二の次、三の次!」と、掲げる美少女たちが活躍するのが、『ロボットガールズZ』だ。『マジンガーZ』をはじめ往年のスーパーロボットを美少女化し、かつ少しゆるめのストーリーを繰り広げる。

発表当初はまさかの企画とされたが、その後順調に人気を拡大。今年1月からは東映チャンネルにて、テレビ放送もスタートした。5月31日からは全国10館での劇場上映イベントも始まる。
人気の秘密は「本家本元が本気でパロディをやっているからこそ面白い!」、「機械獣少女のやられ具合が病みつきになる=フルボッコ萌え」といったものだ。予想を斜め上に行く意外あ面白さにハマった人が多い。

本作のアニメ化を記念して、このフルボッコされるかもしれないロボットガールズZに挑戦するキャラクターたちが募集されていた。これまで本編には姿を見せていなかったが、このキャラクター陣が満を持して映画館とBlu-ray&DVDに登場する。
登場するのは、いまいち萌えない娘、ミヤリー、レルヒさん、ピクシブたんである。さらにこれを担当する声優も明らかになった。
いまいち萌えない娘は寿美菜子さん、ミヤリーは橘田いずみさん、レルヒさんは稲田徹さん、ピクシブたんは大空直美さんが務める。なかでもレルヒさんは、ソチオリンピックのスキージャンプ男子団体ラージヒルで銅メダルの清水礼留飛選手の名前の由来でもあることから知名度が上がったキャラクターだ。

いまいち萌えない娘は「白熱!超銀河大戦争」(Blu-ray&DVDでは第1巻)、ミヤリーとレルヒさんは「突撃!ロボットガールズ三番勝負」(Blu-ray&DVDでは第2巻)、ピクシブたんは「戦慄!ネットの力」(Blu-ray&DVDでは第2巻)に登場する。果たしてどのような活躍(フルボッコ)を見せるのか期待したい。Blu-ray&DVD(全3巻)は6月13日より順次発売開始となる。
[真狩祐志]

『ロボットガールズZ』
/http://www.robot-girlsz.com/

『ロボットガールズ』“チームZ”への挑戦者担当声優

寿美菜子(いまいち萌えない娘)
「私が神戸出身という縁があってのキャスティングだというお話だったので、光栄だなと思いました。
元々の求人広告で出題された『いまいち萌えない娘が、いまいち萌えない理由を3つ』を、わたしも考えてみましたが、2つまでしか思いつきませんでした。残り1つが思いつかないから、わたし求人には採用してもらえないですね。。。」

橘田いずみ(ミヤリー)
「宇都宮餃子PR特命アンバサダーをやらせていただいていることもあって、今回ミヤリー役を担当させていただけて、とても嬉しかったです。
かなりボコられたんですが、ミヤリーは凄く毒舌で、ファンの人たちに対していつもひどいことを言っているので、今回は罰が下ったんだと思いました。ちょっとざまあみろっていう気持ちを含めて、やられちゃいました。(笑)」

稲田徹(レルヒさん)
「出番は多くはないのですが、レルヒさんの生き様を残して帰ろうと、楽しく演じさせていただきました。 色々な役をやらせていただいていますが、あんな俺はあまり見たことがないでしょ。意外とやりたいのよ、こういうアクが強いキャラクター。もし機会があって、新潟県からご用命いただければ、また声をあてさせていただければ嬉しいです」

大空直美(ピクシブたん)
「参戦できてとても嬉しかったです。チームZの皆さんに、フルボッコにされました!ほんとコラボキャラにも容赦ないんですね。
ピクシブたんは結構ワルイ顔を持っている娘で、あまり演じたことのないタイプのキャラクター。企んだり、敵対したりするというポジションも、演じていてとても楽しかったです」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集