「DRAMAtical Murder」特別上映会 7月放送開始予定のTVアニメが早くも第1話披露 | アニメ!アニメ!

「DRAMAtical Murder」特別上映会 7月放送開始予定のTVアニメが早くも第1話披露

ニュース

2014年夏スタートの話題のアニメ『DRAMAtical Murder[(ドラマティカルマーダー])』の第1話が、早くもファンの前に姿を見せた。5月10日に東京・丸の内ピカデリーにて特別上映会が開催された。
イベントでは放送開始予定よりも2ヵ月も早い映像に加えて、本作のメインキャストによるトークショーが行われた。蒼葉役の私市淳さん、ミンク役の松田健一郎さん、クリア役の中澤まさともさん、蓮役の竹内良太さんら登壇し、ファンと共に楽しい一日を過ごした。

本作は女性向けのゲームで定評のあるNitro+CHiRAL(ニトロプラスキラル)が原作を務める。ニトロプラスキラルの全面協力のもとNAZがアニメ制作を担当する。ニトロプラスキラルらしい華麗なキャラクターと巧みなストーリー演出がすでに多くのファンの関心を惹いている。
舞台は日本列島の南西に位置する碧島、ジャンクショップでアルバイトをしながら祖母のタエと2人で暮らす主人公の蒼葉は、ある日、突然、仮想空間でバトルをする電脳オンラインゲーム「ライム」に引きずりこまれる。そこから物語は始まる。

トークショーでは、まずそれぞれがアニメ化についての感想を語った。ここで共通して出た話題は、スタッフの作品にかけるクオリティへのこだわりだった。なにより、よく動く映像に驚かされたという。
一方、出演キャラクターも多い。第1話のアフレコ現場は、キャストは30名ほどにまでなったという。イベントでは、この第1話に登場する追加キャストとしてミズキ(高橋研二)、ウイルス(間島淳司)、トリップ(樋口智透)らも発表された。

また、上映会では様々なシーンでファンから歓声が沸き上がった。なかでも見どころとなったのが、電脳空間の対戦ゲーム「ライム」の映像だ。アニメではその独特な空間を3Dで表現している。上映後には、会場から盛大な拍手が巻き起こった。
さらに、コンシューマーゲーム『DRAMAtical Murder re:code』がPlayStation Vitaで2014年秋に発売予定であることが発表された。こちらの情報は今後発表予定だ。

テレビアニメ『DRAMAtical Murder[(ドラマティカルマーダー])』
2014年夏予定
/http://dmmd-anime.com

『DRAMAtical Murder』
(C)Nitroplus/DRAMAtical Murder製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集