「ガールズ&パンツァー」 サッカーで茨城と熊本が姉妹代理対決 その結果は? | アニメ!アニメ!

「ガールズ&パンツァー」 サッカーで茨城と熊本が姉妹代理対決 その結果は?

ニュース

テレビアニメ『ガールズ&パンツァー』は、作品の舞台と縁の深い茨城県で様々なコラボ企画を実施している。なかでも最近話題呼んだのがプロサッカー・J2リーグ「水戸ホーリーホック」とのスポンサード契約である。スポンサードをするのはバンダイビジュアルだが、同社の代表作『ガールズ&パンツァー』を全面に押し出す。
4月29日には、『ガールズ&パンツァー』との楽しいコラボレーション企画が、ケーズデンキスタジアム水戸で行われた。この日は水戸ホーリーホックとロアッソ熊本の試合が競技場で行われる。これに合わせた「~姉妹代理対決~ 水戸ホーリーホック×ロアッソ熊本 戦車道パーク」が実施された。

『ガールズ&パンツァー』の作中では、主人公・西住みほが通う茨城県の大洗女子学園と、姉である西住まほが通う熊本県の黒森峰女学園と姉妹が分かれて試合に挑む。そこで茨城と熊本、今回の試合を姉妹代理対決と見立てた企画である。
会場では丸一日、この対決を盛り上げるべく、『ガールズ&パンツァー』と大洗町がタッグを組んで、スタジアム内で様々な催しを実施した。

ケーズデンキスタジアム水戸のイベント広場には、大洗町で軽トラックを改造して作られたIV号戦車(日照プラント製)や、約1/2サイズの八九式戦車モック(ウォーゲーミングジャパン製)が展示された。
さらにアニメに登場するIV号戦車・ティーガーIの撮影用パネルと、水戸ホーリーホックのコラボイラストを使用した等身大パネルも登場。バックには7m×10mの横断幕も提示されていた。
そのほかバラエティ番組「TVチャンピオン」プロモデラー選手権で5回の優勝を誇る山田卓司さんによる、アニメの名シーンを再現した戦車ジオラマも登場。滅多にない機会とあって、来場者も食い入るように作品を眺めていた。

会場では第2弾コラボグッズ「タオルマフラー」が販売されたが、600個が即日完売となった。第1弾グッズ「コラボレプリカユニフォーム」の再販も開始し、ハーフタイムには記念撮影で盛り上がりを見せた。試合の方は0-0の引き分けで終了し、代理対決の勝敗は次回へ持ち越されることになった。
7月5日からはOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」のイベント上映も控えている。今後も『ガールズ&パンツァー』の勢いは続いていきそうだ。
[高橋克則]

『ガールズ&パンツァー』
/http://girls-und-panzer.jp/

水戸ホーリーホック
/http://www.mito-hollyhock.net/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集