アニメ「東京喰種 トーキョーグール」7月放送開始 米国アカデミー賞ノミネート森田修平監督の最新作 | アニメ!アニメ!

アニメ「東京喰種 トーキョーグール」7月放送開始 米国アカデミー賞ノミネート森田修平監督の最新作

3月の『東京喰種トーキョーグール』のテレビアニメ化決定は多くのファンを驚かせた。4月17日にこの最新情報が、明らかになった。テレビ放送開始が2014年7月からとなる。

ニュース
「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載する『東京喰種トーキョーグール』のテレビアニメ化が発表され多くのファンを驚かせた。極めつけ、そして話題騒然のダークファンタジーの映像化だからだ。
しかも、2014年の米国アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートの森田修平さんが、本作の監督だというのもサプライズである。一体、どんな映像、演出で世に送り出されるのか、気になる人は多いだろう。

4月17日にテレビアニメ『東京喰種 トーキョーグール』の最新情報が、明らかになった。まず、テレビ放送の開始が2014年7月からとなる。また、放送局はTOKYO MXほかと発表された。
また、追加キャストとして、宮野真守さん(月山習役)、菅生隆之さん(芳村役)、諸星すみれさん(笛口雛実役)、小西克幸さん(亜門鋼太朗役)が明らかにされた。これまでに主人公・金木研の花江夏樹さん、霧嶋董香役に雨宮天さん、神代利世役に花澤香菜さんが発表されているが、人気声優のさらなる参加で、作品はさらに盛り上がりそうだ。

『東京喰種 トーキョーグール』の原作は、石田スイさんが描く。人を喰らう怪人"喰種(グール)"が跋扈する東京を舞台に話が展開する。読書好きの平凡な大学生・カネキが、常連の喫茶店「あんていく」で少女・リゼと出会ったことから大きな運命に巻き込まれていく。
森田修平監督に加え、シリーズ構成・脚本には、劇作家・演出家の御笠ノ忠次さんを起用と異色の作品になりそうだ。また、キャラクターデザインと総作画監督には、『HEROMAN』、『エウレカセブンAO』で活躍した三輪和宏さんを起用した。アニメ制作はstudioぴえろが手がける。

『東京喰種 トーキョーグール』
/http://www.maql.co.jp/special/tokyoghoul/

[スタッフ]
原作: 石田スイ(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)
監督: 森田修平
シリーズ構成・脚本: 御笠ノ忠次
キャラクターデザイン&総作画監督: 三輪和宏
音響監督: 原口昇
音楽: やまだ豊
アニメーション制作: studioぴえろ

[キャスト]
金木研: 花江夏樹
霧嶋董香: 雨宮天
神代利世: 花澤香菜 
月山習: 宮野真守
芳村: 菅生隆之
笛口雛実: 諸星すみれ
亜門鋼太朗: 小西克幸
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集