「それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い」井上真央が声優初挑戦 | アニメ!アニメ!

「それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い」井上真央が声優初挑戦

シリーズ第26弾『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』が7月5日に全国公開する。そのゲストキャラクター・りんごぼうやの声優に女優の井上真央さんが起用された。

ニュース
映画「アンパンマン」シリーズ第26弾『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』が、7月5日に全国公開となる。毎年人気のシリーズだが、ゲストキャラクターとその声優も注目のひとつだ。
そのゲストキャラクター・りんごぼうやの声優に、女優の井上真央さんが起用された。実力派女優のアニメ声優初挑戦になる。

井上さんが声を務めるりんごぼうやは、空に浮かぶ美しい島・アップルランドに住む元気いっぱいの男の子。かっこいいヒーローに憧れる彼は、大切な故郷を守るために魔法の種を探そうと奮闘する。
そして決して諦めずにみんなのために頑張るアンパンマンと出会い、真のヒーローとは何かに気付いていくというキャラクターだ。

本作は、アンパンマンの生みの親・やなせたかしさん最後の原案作でもある。井上さんは2014年1月に放送のNHKスペシャル『みんなの夢まもるため~やなせたかし“アンパンマン人生”』でナレーションを担当。可愛く元気いっぱいなりんごぼうやの前向きなイメージと合致したこともあり、今回の抜擢となった。
井上さんは2015年にNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の主演を務めるなど多岐に渡る活躍を見せているが、声優は本作がはじめて。どのような声色でアンパンマンと一緒に愛と勇気を届けていくのだろうか。

『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』はやなせさんが手がけた復興三部作のラストに位置付けられている。2012年の「よみがえれバナナ島」は"復興"、2013年の「とばせ!希望のハンカチ」は"希望"をテーマに、やなせさんは映画の原作に取りかかった。
2014年は"望郷"と"故郷の再建"が掲げられている。2013年10月に94歳で逝去されたやなせさんの最後の作品を見届けたい。
[高橋克則]

『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』
7月5日より全国ロードショー
/http://anpan-movie.com/2014/

[キャストコメント]
井上真央さん
「アンパンマンの世界に描かれているヒーロー像や歌の中には、やなせ先生が残された深い哲学があり、私自身、大人になった今でも勇気や希望をもらっています。
いつか先生にお会いしたいという夢は残念ながら叶いませんでしたが、ドキュメンタリー番組のナレーション、そして声優と、様々な形で関われることが本当に嬉しいです。
やなせ先生が取り掛かった復興三部作のラストと、聞いただけでも恐縮してしまいますが、先生が最後に残された作品に携われる喜びをやり甲斐に変えて、初挑戦ながらも精一杯務めさせて頂きます」
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集