空港&アニメ続々 新千歳空港でアニメーション映画祭開催、短編作品公募開始  | アニメ!アニメ!

空港&アニメ続々 新千歳空港でアニメーション映画祭開催、短編作品公募開始 

ニュース

このところ空港でのアニメイベントが盛んになりつつある。これまでに関西国際空港や中部国際空港などで関連イベントが開催されている。来年は羽田空港の国際線ターミナルで、HANEDA INTERNATIONAL ANIME MUSIC FESTIVALが開催されることも明らかになっている。
さらに鳥取県米子市には、米子鬼太郎空港の愛称が登場した。同県内では鳥取砂丘コナン空港の愛称の実現へ向けた動きもあるという。空港とアニメ、マンガの結びつきが強まっている。

そうしたなかで、新たに新千歳空港でのアニメイベントの開催が発表された。新千歳空港国際アニメーション映画祭2014として、10月31日から11月3日まで行われる。
これに伴い、映画祭は短編アニメーション作品の募集も4月22日から開始した。グランプリの賞金は100万円で、締め切りは6月23日だ。映画祭では、アニソンイベントなども予定している。

新千歳空港では、これまでにもポップカルチャー関連の企画で空港を盛り上げてきた。札幌にクリプトン・フューチャー・メディアが本社を構えていることから、「初音ミク」関連のイベントも開催されている。
2011年にリニューアルした際には、映画館「じゃがポックルシアター」やアニメイトもオープンしている。こうした新千歳空港の新たな姿を演出は、地元企業のえんれいしゃによるものだ。今回の映画祭も同社が企画に参加する。
[真狩祐志]

新千歳空港国際アニメーション映画祭
/http://airport-anifes.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集