「ホビット 竜に奪われた王国」 ついに国内公開、初週末3日間で興収約4億円 | アニメ!アニメ!

「ホビット 竜に奪われた王国」 ついに国内公開、初週末3日間で興収約4億円

ニュース

世界的なメガヒット作「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズに連なる最新映画『ホビット 竜に奪われた王国』が、2014年2月18日に国内全国公開をスタートした。「ロード・オブ・ザ・リング」3部作、そして前作『ホビット 思いがけない冒険』が大ヒットなっているだけに、国内でも全国682スクリーンもの大規模な公開となった。大きな期待がかかった作品と言っていいだろう。
公開後、最初の週末の結果は、期待通りの大ヒットスタートとなったようだ。発表によれば、2月28日(金)から3月2日までの3日間の興行収入は3億9642万5150円で3.9億円を突破、およそ4億円にもなった。また、動員数は30万5676人を突破、最初の週末だけ30万人以上がこの最新映画を楽しんだことになる。興行通信社による全国映画動員ランキングで週末に上映されていた映画でトップである。

配給によれば、本作は特に女性客や若年層の観客を獲得しているという。若い世代から大きな支持を受けているようだ。とりわけ通常の映画野2倍、毎秒48コマで撮影されたHFR(ハイフレームレート)の3Dが実現した映像や、そこで描かれるドラゴンの迫力、バトルシーンなどに人気が集まっている。
熱心なファンが多いことから、リピーターも期待できるとしている。今後のさらなる拡大も目指している。

「映像は更に美しくテンポよく、圧倒的なスケール感!」「3Dが迫力満点で驚き!」など鑑賞者の興奮と感動の書き込みが殺到。すでに全世界で920億円を突破する興行成績を収めた本作。壮大なスケールと革新的な映像で、あらゆる世代が楽しめるアクション・アドベンチャーを描いた感動巨編の全貌が、ついにこの春、明かされます! つきましては、本作『ホビット 竜に奪われた王国』初登場第1位スタートのニュースをご紹介いただきますよう、ご検討の程どうぞよろしくお願い致します。

『ホビット 竜に奪われた王国』は、J.R.R.トールキンのファンタジー小説『ホビットの冒険』を実写映画化した。『ロード・オブ・ザ・リング』の原作である『指輪物語』の前日譚にあたり、“一つの指輪”がいかにして、世に再び現れたかの顛末を描く。主人公のビルボ、魔法使いのガンダルフ、エルフのレゴラスなどのお馴染みのキャラクターに加えて、シリーズに一貫して流れる壮大な世界観がみどころだ。
監督は、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズと同様、ピーター・ジャクソンが務めた。興収は米国だけで260億円以上、全世界では930億円を超える。いま最も注目される映画と言っていいだろう。

『ホビット 竜に奪われた王国』
/http://www.hobbitmovie.jp
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集