ディズニー最新作「プレーンズ」 日本代表の飛行機サクラ役声優は“仲里依紗” | アニメ!アニメ!

ディズニー最新作「プレーンズ」 日本代表の飛行機サクラ役声優は“仲里依紗”

ニュース

ディズニーの最新作『プレーンズ』が12月21日(土)に公開を迎え、日本語吹替え版で声優を務めた瑛太と井上芳雄が舞台挨拶に登壇。また、これまで秘密とされてきた、日本での公開にしか登場しない飛行機・サクラの声優が仲里依紗であることも明かされた。

ディズニー/ピクサーの傑作『カーズ』シリーズにインスパイアされる形で、舞台を空に移して製作された本作。飛行機でありながら高所恐怖症の主人公が夢を追いかけ、世界一周レースに挑戦する姿が描かれる。

瑛太さんは主人公のダスティを、井上さんはダスティが恋の手助けをすることになるメキシコ出身の陽気な飛行機エル・チュパカブラの声を担当しているが、アフレコは別々に行われたため、2人が会うのはこれがようやく2回目。2人の口調は微妙に“距離”を感じさせる。

瑛太さんは井上さんについて「井上さんは『StarS』というグループ(※ミュージカル俳優によるユニット)をやってらっしゃるんですが、そのメンバーの一人の浦井健治くんと先日まで共演(※舞台『MIWA』)してまして、井上さんについていろいろ聞いてました。良い方だと」と語る。

井上さんも「浦井くんから少し聞いてました」とぽつりぽつりと瑛太さんについて話し始める。「ここに来るまで、5分くらい浦井くんについて話してたんですが(笑)、丁寧にゆっくり話される方だなと思いました。あと背が高い!」と語る。

瑛太さんは「そんなにデカかったんですか? と言われた」と言うが、井上さんは「そんな乱暴な言い方してない(笑)!」と慌てつつ、「背の高さは変わらないし、もしかしたら僕の方が高いかもしれないけど、顔が小さいから高く見える」と分析。恐る恐る、距離を測りつつ互いについて話す2人の姿に客席からは笑いが漏れた。

瑛太さんは、ダスティの声について「オリジナルの声を聴いて、割と年齢が高めの落ち着いた感じだったんですが、監督は『日本版はかわいい感じのダスティを作りたい』と。最初は声もテンションも低めで『そういうダスティじゃない』と言われた」と告白。

この日も、朝の舞台挨拶ということもあってか、低めの声でテンションもやや低め。井上さんからも「確かにこの声だとダスティ、飛ばなさそうですね…」と指摘されていた。

井上さんも、ラテン系のエル・チューのキャラクターは本人とはかなり遠かったようだが、劇中では歌まで披露! この日も瑛太さんから「また歌っていただけるんですか?」とムチャぶりされ、客席からも期待の拍手が沸き起こったが「歌は別料金になりますので(笑)」と回避し、会場は笑いに包まれた。

また、サクラ役の仲さんからは「小さい頃からディズニー映画が大好きで、『いつかキャラクターの声優を自分がやりたい!』と願っていたら、今回お話をいただくことができました。『プレーンズ』を観て、主人公・ダスティが、夢を諦めず頑張るところに、心を打たれました。個性豊かで可愛らしいキャラクターたちも見どころの一つです。中でもサクラのエル・チューとの恋愛や日本代表としての活躍に注目して欲しいです。小さなお子さんから大人まで、心温まる映画になっているので、ぜひご家族で観てほしいです」とのコメントが寄せられた。

『プレーンズ』は全国にて公開中。

ディズニー『プレーンズ』日本代表の飛行機サクラ役の声優は“仲里依紗”!

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集