「プレーンズ」 本編特別映像公開 瑛太が演じる可愛らしい主人公・ダスティに要注目 | アニメ!アニメ!

「プレーンズ」 本編特別映像公開 瑛太が演じる可愛らしい主人公・ダスティに要注目

ニュース

ディズニー最新作『プレーンズ』は12月21日に2D・3D同時公開を迎える。車を主人公にした映画『カーズ』にインスピレーションを受けており、高所恐怖症の飛行機が活躍するアドベンチャー作品だ。
このたび、主人公のダスティ役で日本語吹替声優に初挑戦した瑛太さんバージョンの本編特別映像が完成した。

瑛太さん演じるダスティは世界最速のレーサーを夢見る飛行機である。だが、農場で働く飛行機の彼はレーサーの夢を周囲に反対され、高所恐怖症という問題も抱えていた。
本編では、それでも壮大な夢をひたむきに追い続ける彼の勇気が描かれていく。今回公開された特別映像には、ダスティが農薬散布の仕事に勤しむ序盤のシーンが収録された。



仕事中に"自由に空を飛び回る"夢を見ていたダスティは同僚のレッドボトムに「何をやってる! 夢でも見てたか」と注意されてしまう。ダスティは飛行機なのに同じ所を飛び続ける今の仕事に満足できず「問題はないだろ、単純な仕事だもん。真っ直ぐ飛んでUターン、真っ直ぐ飛んでUターン」と不満を漏らす。
そして「農薬散布機で終わりたくないの!」と伝えるが、「くだらない夢は諦めろ」と諭されてしまう。ダスティが「夢でも無いよ! 僕は小回りがきくし、加速力もあるしさ!」と健気にアピールする姿が愛くるしい場面に仕上がった。

またダスティのキャラクターをそのまま感じられる瑛太さんの演技にも注目だ。今回が初めての日本語吹替とは思えない熱演ぶりを見せている。
瑛太さんはイベント時に「(ディズニーの主人公という)プレッシャーはありましたが、幼い頃からディズニーを観て育ったので、今回キャスティングされた時、自分はラッキーだと思いました。思いっきり楽しもうとやりました」とその意気込みを語る。映画公開が待ち遠しくなる特別映像となった。
[高橋克則]

『プレーンズ』
12月21日(土) 2D・3D同時公開
/http://www.disney.co.jp/planes/

[スタッフ]
監督: クレイ・ホール
プロデューサー: トレイシー・バルサザール=フリン
製作総指揮: ジョン・ラセター

[日本語吹替版声優]
ダスティ: 瑛太
エル・チュパカブラ: 井上芳雄
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集