「夢と狂気の王国」公開記念イベント開催 石井朋彦×川上量生による“アニメの未来”トークも | アニメ!アニメ!

「夢と狂気の王国」公開記念イベント開催 石井朋彦×川上量生による“アニメの未来”トークも

ニュース

2013年11月16日、高畑勲監督、宮崎駿監督らを中心にスタジオジブリの様子を描いたドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』が公開される。その前日にあたる11月15日に、東京・新宿バルト9にて公開記念イベントが開催されることになった。
イベントでは『夢と狂気の王国』を16日0時から鑑賞するほか、舞台挨拶、高畑・宮崎両監督の原点ともいえる1970年代のアニメ映画『パンダコパンダ』、『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』も特別上映する。舞台挨拶には砂田麻美監督、川上量生プロデューサー、それにスタジオジブリの野中晋輔さんが登壇する。スタジオジブリをじっくり知る一晩となる。
チケット料金はポップコーン付きで1800円、11月9日からオンライン予約システムKINEZOにて販売開始する。

映画『夢と狂気の王国』は、初監督作品『エンディングノート』で注目された若手・砂田麻美監督によるドキュメンタリー映画だ。数々の新人監督賞を受賞した砂田監督が、宮崎駿監督の『風立ちぬ』、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』の制作が同時進行するスタジオジブリの姿をカメラに収めた話題作だ。
スタジオジブリの作品はもちろん、その作品がどのように生まれるか知りたいという人に最適だ。映画のプロデューサーは、川上量生さんが務めた。

さらにこれに合わせたユニークなトークイベントも企画された。同日21時より新宿バルト9の10階カフェ オアゼにて「『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』以降の日本のアニメの未来」とタイトルされた特別トークイベントが行われる。
出演は石井朋彦さんと川上量生さんのふたりのプロデューサーである。タイトルも気になるが、出演者もかなり興味深い。石井朋彦さんはスタジオジブリ出身で、現在はプロダクション I.Gに所属、さらに神山健治監督CEOであるSTEVE N' STEVENの取締役でもある。次世代のアニメのキーパーソンの一人だ。
一方、川上氏は、ニコニコ動画などを運営するドワンゴの代表取締役会長、同時にスタジオジブリに所属し、今回の映画のプロデュースも行った。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」で知られるカラーの取締役でもある。こんなふたりが、日本のアニメの将来をどう見るのか興味深い。

特別トークイベントは、観覧無料だ。会場は決して広くないが、会場の様子と共に20時半より、ニコニコ生放送で配信される。完全生中継となるので、こちらでじっくり視聴するというのもありだろう。

『夢と狂気の王国』
/http://yumetokyoki.com/

「夢と狂気の王国」公開記念イベン
日時: 2013年11月15日(金) 21時開始
会場: 新宿バルト9
料金: 1800円(ポップコーン付き)
特設サイト: /http://ex.nicovideo.jp/yumetokyoki

[タイムスケジュール]
21:00 特別トークイベント
「『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』以降の日本のアニメの未来」
22:20 「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」特別上映
23:50 「夢と狂気の王国」舞台挨拶
24:00 「夢と狂気の王国」上映開始
*特別トークイベントは無料

特別トークイベント
「『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』以降の日本のアニメの未来」生放送
日時 :11月15日(金)20:30~
/http://live.nicovideo.jp/watch/lv157972781
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集