映画「X-MEN」最新作の邦題決定 「X-MEN:フューチャー&パスト」2014年全国公開 | アニメ!アニメ!

映画「X-MEN」最新作の邦題決定 「X-MEN:フューチャー&パスト」2014年全国公開

ニュース

「X-MEN」シリーズ最新作『X-Men:Days of Future Past』は2014年に公開される。本作の邦題が『X-MEN:フューチャー&パスト』に決定した。未来と過去を股に掛ける壮絶な戦いが繰り広げられることになる。

「X-MEN」シリーズはこれまで、2000年公開の『X-メン』をはじめ、『X-MEN2』、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』、スピンオフ作『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』、『ウルヴァリン:SAMURAI』と、いずれも大ヒットを記録してきた。全米の興行収入は6作品合計で10億ドルを上回り、全世界では23億ドルに達する空前絶後のシリーズである。
今年公開された『ウルヴァリン:SAMURAI』は日本が舞台となったことから、国内でも大きな注目を集めた。シリーズ第7作となる最新作にも大きな期待が注がれている。

『X-MEN:フューチャー&パスト』では超豪華キャストが再結集した。ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマン、プロフェッサーX役のパトリック・スチュワート、マグニートー役のイアン・マッケランなど、これまでのシリーズでキャラクターを演じてきた俳優陣が登場する。
さらに新顔としてエヴァン・ピーターズやファン・ビンビンらも加わった。2013年7月開催のサンディエゴ・コミコンでは出演者が一堂に会するなど、大規模なパフォーマンスで話題を攫っている。

また、シリーズ第1作目と第2作目の監督であるブライアン・シンガーが返り咲きしたことも見逃せないポイントの一つだ。脚本には『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の監督であるマシュー・ヴォーンも名を連ねている。
[高橋克則]

『X-MEN:フューチャー&パスト』
2014年全国ロードショー

配給:20世紀フォックス映画
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集