今度は“八九寺真宵”にフォーカス 講談社BOXから<物語>シリーズヒロイン本第2弾 | アニメ!アニメ!

今度は“八九寺真宵”にフォーカス 講談社BOXから<物語>シリーズヒロイン本第2弾

ニュース ノベル

「失礼、噛みました」。そんな決め台詞と共に受けてに強烈な印象に残すキャラクターが八九寺真宵だ。西尾維新さんの人気小説<物語>シリーズに登場する迷子の小学生である。
そんな八九寺真宵に徹底的にフォーカスした書籍が講談社BOXから刊行されることになった。10月29日、『アニメ<物語>シリーズ ヒロイン本 其ノ貳 八九寺真宵』である。

八九寺真宵は、見かけはツインテールの少女、そしていつも巨大なリックサックを背負っている。数々のメタ発言で、本シリーズの会話パートを牽引するキャラクターでもある。八九寺Pと呼ばれることもある。
可愛らしい外見に加えて、<物語>シリーズらしい発言は、まさの本作を代表するキャラクターの一人と言っていいだろう。その人気は高く、羽川翼に続くヒロイン本第2弾の登場も納得だ。

ヒロイン本第2弾は、そんな“八九寺真宵”の魅力に迫る。また、装丁も凝ったものとなる。サイズとページ数は第1弾と同じだが、今回は風合いのある茶色い板紙を使用している。ノートのような雰囲気となる。
さらに巻頭企画として、絵本「まいごのかたつむり」が掲載されているのも特徴である。文は西尾維新さん、絵はアニメでもお馴染みの針玉ヒロキさんが手がける。ノートのような装丁とあわせて、真宵の小学生らしい元気な可愛さが表現されている。
このほか真宵役の声優・加藤英美里さんの撮りおろしインタビュー、西尾維新さんと神前暁さんの音楽対談、トリビュートイラストなどがA4変型判、フルカラー48ページに詰め込まれている。価格は税込945円だ。

<物語>シリーズは、10月21日に待望の『終物語(上)』が刊行されたばかりだ。さらにヒロイン本は、12月に第3弾 忍野忍編も予定されている。
テレビアニメ『<物語>シリーズ セカンドシーズン』も、好評放送中である。シリーズのファンにとって2013年の終わりは、何かと忙しいシーズンになりそうだ。
[真狩祐志]

講談社BOX 公式サイト
http://bookclub.kodansha.co.jp/kodansha-box/topics/nishioproject/
『<物語>シリーズセカンドシーズン』
/http://www.monogatari-series.com/2ndseason/

アニメ<物語>シリーズヒロイン本 其ノ貮(に) 八九寺真宵
A4変型判  945円
[収録内容] 
絵本「まいごのかたつむり」(文:西尾維新 絵:針玉ヒロキ)
加藤英美里インタビュー
西尾維新×神前 暁対談
まよいイラストギャラリー ほか
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集