みんな大好きハローキティ 可動性で人気の「リボルテック」新ラインナップに | アニメ!アニメ!

みんな大好きハローキティ 可動性で人気の「リボルテック」新ラインナップに

ニュース

(c)1976,2013 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN(L)
  • (c)1976,2013 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN(L)
  • (c)1976,2013 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN(L)
  • (c)1976,2013 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN(L)
  • (c)1976,2013 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN(L)
  • (c)1976,2013 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN(L)
  • (c)1976,2013 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN(L)
  • (c)1976,2013 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN(L)
  • (c)1976,2013 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN(L)
世界で最も知られたキャラクターのひとつとして圧倒的な人気と知名度を誇るのが、サンリオが1974年に生みだしたハローキティことキティ・ホワイトである。これまでに数々のグッズになってきたほか、いろいろな作品やキャラクターとのコレボレーションの多さもその人気の高さを感じさせるのに十分だ。
そんなキティの最新の話題は、可動フィギュアで日本のホビー界を牽引するリボルテックである。2013年12月15日にリボルテック「ハローキティ」が発売されることになった。日本を代表するキャラクターと日本を代表するフィギュアブランドが出会った

原型制作をリボルテックの生みの親である造形家・山口勝久が自ら手がける。造型と可動を両立させる山口式可動により、これまでにないアクションフィギュアによるハローキティを実現する。
可愛らしさたぅぷりのキティは、一見、動きは少なそうにみえる。可動性たっぷりのリボルテックに意外感もあるかもしれない。しかし、むしろ可愛さの演出には、微妙なポージングが重要だ。そのわずかな違いを実現できるのがリボルテック「ハローキティ」と言えそうだ。

フィギュアは、およそ6センチで、てのひらに乗るサイズとなっている。そして、可動ポイントは手足など5箇所だ。
お散歩や、足を伸ばしてのお座りポーズ、お絵かきまで自由自在である。顔の前面部品の交換も出来るため、ウィンクなどの表情も楽しめる。
さらにキティにお馴染みのリンゴ、さらにクレヨン、イーゼルが付属する。こちらを使うことで、さらに幅広い世界観も再現出来る。

希望小売価格は2100 円(税込)、2013年12月15日より全国のホビーショップや家電量販店、ネットショップ等などで発売開始する。開発元の海洋堂では、今後はバージョン違いや様々なアーティスト、ブランドとのコラボキティも予定するという。こちらも楽しみだ。



リボルテック「ハローキティ」
/http://revoltech-hellokitty.com/
発売日: 2013 年12 月15 日
フィギュア全高: 60mm
希望小売価格: 2100 円(税込)
原型制作: 山口勝久
可動箇所: 5箇所  付属品:交換顔(ウィンク)、リンゴ、クレヨン、イーゼル、専用ベース×1
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集